バスダクト製造の新工場を建設

2019.07.03

バスダクト需要の増加に伴い、製造能力アップ

バスダクト国内シェアNo.1の共同カイテック株式会社(本社:東京都渋谷区代表:吉田建(よしだたてる))は バスダクト需要の増加に対応するため、新工場(仮称:綾瀬工場)を建設します。

完成予想パース
完成予想パース

綾瀬工場は近年のバスダクト需要拡大に対応するため、生産性向上と製造能力強化を図ることを目的としています。
現状の製造や物流の効率化を図り、またBCP(事業継続計画)対策を含めた製造体制の確立することで、バスダクトの供給責任を果たしてまいります。

綾瀬工場は、2019年7月1日に着工し、2020年5月稼働予定で、完成することで現在の製造量の約50%増の製造が可能となる見込みです。
当社は、電力幹線システム・バスダクト、床下配線システム・OAフロア 、屋上・壁面緑化システムの3事業を手掛けており、綾瀬工場では各事業部の製品を使用します。
事務所内の床には当社OAフロア製品のネットワークフロア等を使用し、3階テラスには、屋上緑化システムのスクエアターフLightを施工します。

工場内の電力幹線としてバスダクトを使用し、PLCを実装する予定です。
また製造設備は、現在手加工で行っている板金加工を半自動化し、省力化と生産効率アップを図ります。
これまで納期等でご迷惑をおかけしておりましたが、今後はお客様のニーズに迅速に応えられるようになります。

詳細は、PDFにてご覧ください。

資料請求・お問い合わせ

お問い合わせは、お電話、または、お問い合わせフォームにて承っております。

メニュー
pagetop

Copyright (C)KYODO KY-TEC Corp. All Rights Reserved.