BIMソフト「Rebro」を使用したバスダクトのデジタルファブリケーションの講演のお知らせ

2020.10.21

電力幹線システム・バスダクトのデジタルファブリケーションについて、NYKシステムズ(東京都中央区)のBIMソフト「Rebro」を使用した、竹中工務店(大阪府大阪市)、関電工(東京都港区)、共同カイテック(東京都渋谷区:以下、 当社)4社連携の取り組みをArchi Future 2020 において、「Rebroが広げる建築設備DX」と題し、NYKシステムズ取締役開発部部長小倉哲哉氏が講演します。

【経緯】
本年2月に、竹中工務店から当社にBIMに関する問い合わせを頂いた事がきっかけで、関電工と当社を含めた3社連携でNYKシステムズのBIMソフト「Rebro」を使用し、電力幹線システム・バスダクトのBIM化を進めることとなりまし た。
作業所の打合せから製造までの工程の内、作業所での図面修正や、当社内での製作図の作成などの効率化が想定できます。

詳細は、PDFにてご覧ください。

資料請求・お問い合わせ

お問い合わせは、お電話、または、お問い合わせフォームにて承っております。

メニュー
pagetop

Copyright (C)KYODO KY-TEC Corp. All Rights Reserved.