大和シルフィード応援ページ

大和シルフィード

大和シルフィードは、神奈川県で活躍する女子サッカーチームです。クラブは「大和シルフィード」と「大和シルフィードU-15」の2チームで構成されています。
共同カイテックでは、大和シルフィードの皆さまの活躍を応援しています。

ニュース&トピックス

2019.11.05

勝利!

11月2日 (土) 11:00 富山県総合運動陸上競技場 にて

皇后杯JFA第41回全日本女子サッカー選手権大会

第1戦 VS 徳山大学 が行われ、3-1で勝利しました。

今シーズンをまだこのチームで戦うことが出来ること、嬉しく思います!

次節の相手は、なでしこリーグ1部で5連覇を達成している王者ですが、失うものは何もないので、チャレンジャーとしてしっかり戦いたいと思います。

次節は、

11月23日 (土) 11:00上野運動公園競技場 にて

皇后杯JFA第41回全日本女子サッカー選手権大会

第2戦 VS 日テレ・ベレーザ となります。

遠方での試合となりますが、応援よろしくお願いします。

ニュース画像1
ニュース画像2

2019.10.28

2部残留決定!

10月26日 (土) 13:00 大和なでしこスタジアム にて

第18節 VS ニッパツ横浜FCシーガルズ が行われ、0-1の敗戦となりました。

ホームで行われたリーグ最終戦を何としても勝利で終えたかったのですが、0-1での敗戦となりました。

バニーズと勝ち点が並んでいたので、互いに今節の結果次第で入れ替え戦、または残留が決定される大事な一戦でした。

シルフィードは敗戦してしまいましたが、バニーズもまた敗戦したため、得失点差でシルフィードが8位に留まり2部残留が決定致しました。

他力本願ではありましたが、まずはなんとか残留できたことに安心しています。

チャレンジリーグに参入してから2部に上がるまでに4年を費やし、やっとの想いで昇格した2部リーグでは、厳しい現実が待っていました。

チャレンジリーグと2部リーグでのレベルの違いを痛感し、なかなか勝てず、結果を残せないまま、あっという間に1年が過ぎました。

昇格するのは難しいのに、降格という危機はあっという間でした。

戦績は、3勝4分11敗。

負けが続き、本当に苦しくて辛い時間が多かったですが、どんな時も熱く応援し続け、サポートしてくださった方々のおかげで、なんとか2部に留まることが出来ました、本当に感謝しています。

今年はチームとしても、個人でも、色んな面で我慢し、耐えた年だと感じています。来年は、この苦しさを強さに変えて2部で闘えるチームになっていきますので、応援のほどよろしくお願いします。

今シーズンのリーグは終えましたが、まだ皇后杯が残っています。

皇后杯は中学生以上の女子選手により編成された、クラブチーム、大学、高校などのチームが参加し、トーナメント方式により優勝をめざすもので、男子の天皇杯全日本サッカー選手権大会に相当するものです。

日程は、

11月2日 (土) 11:00 富山県総合運動公園陸上競技場にて

皇后杯JFA第41回全日本女子サッカー選手権大会

第1戦 VS 徳山大学 となります。

トーナメント方式なので、負けてしまえば2019シーズンは終わってしまいます。1日でも長くこのメンバーとプレーするために、まずはこの一戦をしっかり勝ち切りたいと思います。

アウェイでの試合となりますが、応援よろしくお願いします。

ニュース画像1
ニュース画像2

2019.10.21

引き分け。

10月20日 (日) 13:00 袖ケ浦市陸上競技場 にて

第17節 VS オルカ鴨川FC が行われ、1-1の引き分けとなりました。

後半、コーナーキックから先制するも、わずか2分後にゴール前の混戦を押し込まれ振出しに戻ります。

優勝の可能性が残されているオルカ、入れ替え戦になる可能性があるシルフィード、何としても勝ち点が欲しい両者は一歩も引かず激しい攻防戦となります。

互いにゴール前まで迫るものの、スコアはそのまま動かず1-1の引き分けとなりました。

泣いても笑っても、今シーズンのリーグはラスト一試合です。

残留するためにすべてを懸けて、チーム一丸となって戦いたいと思います。

次節は、

10月26日 (土) 13:00 大和なでしこスタジアム にて

第18節 VS 横浜FCシーガルズ (現リーグ5位) となります。

今シーズン最後のリーグ戦は、ホームで行われます!

是非、会場での熱い応援をよろしくお願いします!

※土曜日試合ですので、ご注意ください!

ニュース画像1

2019.10.15

敗戦。

10月13日 (日) 14:30 大和なでしこスタジアム にて

第16節 VS ちふれASエルフェン埼玉 が行われ、

0-2の敗戦となりました。

台風の影響により、試合時間の変更がありました。

残留する為にも負けられない試合でしたが、力及ばず敗戦となりました。

バニーズ(現9位)は、台風の影響で試合日程が変更になったため、一試合少ない状態です。

引き分け以上でシルフィード(現8位)との順位が逆転し、シルフィードは9位になってしまいます。

9位につけた場合、入れ替え戦です。

他チームの結果も関わってきてしまいますが、目の前の試合に集中し、残り二試合頑張りたいと思います。

次節は、

10月20日 (日) 13:00 袖ケ浦市陸上競技場 にて

第17節 VS オルカ鴨川FC (現リーグ4位) となります。

アウェイでの試合となりますが、応援をよろしくお願いします。

ニュース画像1
ニュース画像2

2019.10.07

引き分け

10月6日 (日) 13:00 愛媛県総合運動公園球技場 にて

第15節 VS 愛媛FCレディース が行われ、0-0の引き分けとなりました。

勝ち点3が欲しかったですが、最低限の勝ち点1となりました。

順位は変わらず、なんとかギリギリで8位につけています。

残留するために、次節こそ勝ち点3を手にしたいと思います。

次節は、

10月13日 (日) 13:00 大和なでしこスタジアム にて

第16節 VS ちふれASエルフェン埼玉 (現リーグ3位) となります。

今季のホーム戦も残すところあと2試合です。

今節はホームでの試合となりますので、是非会場での応援をよろしくお願いします。

2019.09.30

敗戦

9月29日 (日) 13:00 大和なでしこスタジアム にて

第14節 VS バニーズ京都SC が行われ、0-1で敗戦となりました。

なんとしても勝って差を広げたかったのですが、痛い敗戦となりました。

得失点差で上回っているため順位こそ変わらないものの、勝ち点で並んでいるので、今後の試合結果次第でどうにでも変わってきてしまう苦しい状況です。

9位になればチャレンジリーグ2位と入れ替え戦、10位になれば自動降格です。残り4試合、勝つしか道はありません。

次節は、

10月6日 (日) 13:00 愛媛県総合運動公園球技場 にて

第15節 VS 愛媛FCレディース(現リーグ1位) となります。

アウェイですが、応援よろしくお願いします!

ニュース画像1

2019.09.24

2連勝!

9月21日 (土) 13:00 味の素フィールド西が丘 にて

第13節 VS スフィーダ世田谷FC が行われ、1-0で勝利しました!

開幕後、初の2連勝です!残留に向けとても大きな勝ち点3を掴み取ることができました。

次節は、

9月29日 (日) 13:00 大和なでしこスタジアム にて

第14節 VS バニーズ京都SC となります。

現在8位(シルフィード)と9位(バニーズ)の直接対決となります。

突き放すか、追い付かれるか...の大一番です。

結果にこだわり、シルフィードらしいサッカーで勝ち切れるようにいい準備をしたいと思います。

ホームでの試合となりますので、是非会場での応援をよろしくお願いします!!

ニュース画像1
ニュース画像2

2019.09.17

勝利!

9月14日 (日) 13:00 IAIスタジアム日本平 にて

第12節 VS 静岡産業大学磐田ボニータ が行われ、1-0で勝利しました!

11戦ぶりの勝利です。

結果は勝ちですが、内容はまだまだ課題だらけです。

勝ち点を積み上げられるように、出た課題を改善していきたいと思います。

次節は、

9月21日 (土) 13:00 味の素フィールド西が丘 にて

第13節 VS スフィーダ世田谷FC となります。

アウェイでの試合となりますが、応援をよろしくお願いします!!

※土曜日試合となりますのでご注意ください。

2019.09.09

敗戦

9月8日 (日) 11:00 大和なでしこスタジアム にて

第11節 VS ハリマアルビオン が行われ、1-4で敗戦となりました。

実力の差がスコアに表れてしまった試合でした。

非常に悔しいですが、切り替えて次節に向けいい準備をしたいと思います。

次節は、

9月14日 (土) 13:00 IAIスタジアム日本平 にて

第12節 VS 静岡産業大学磐田ボニータ となります。

アウェイでの試合となりますが、応援をよろしくお願いします!!

※土曜日試合となりますのでご注意ください。

ニュース画像1
ニュース画像2

2019.09.02

後半戦スタート

8月31日 (土) 15:00 ヤンマースタジアム長居 にて

第10節 VSセレッソ大阪堺レディース が行われ、0-2で敗戦となりました。

なかなか勝てず苦しい状況が続いていますが、最後まで諦めることなく全員で戦いますので、応援よろしくお願いします。

次節は、

9月8日 (日) 11:00 大和なでしこスタジアム にて

第11節 VS ASハリマアルビオン となります。

ホームでの試合となりますので、是非会場での応援をよろしくお願いします!!

ニュース画像1
ニュース画像2

2019.08.30

リーグ戦、後期再開

約一か月半のリーグ中断期間を終え、明日からリーグが再開します。

残留するために、そして順位を一つでもあげるために、チーム一丸となって頑張りますので、応援をよろしくお願いします。


8月30日 (土) 15:00 ヤンマースタジアム長居 にて

第10節 VSセレッソ大阪堺レディースとなります。

アウェイでの試合となりますが、応援よろしくお願いします。

(土曜日試合となりますので、ご注意ください!)

ニュース画像1
ニュース画像2

2019.07.09

カップ戦終了。

7月6日 (土) 15:00 川越運動公園陸上競技場 にて

カップ戦 最終節 VS ちふれASエルフェン埼玉 が行われ、0-1で敗戦となりました。

試合が動いたのは前半12分、

相手の連携したパスワークで陣形を崩されると、最後は右サイドからのクロスをヘディングで押し込まれ失点。0-1となります。

前半はスコア変わらず後半に入ります。

後半もエルフェンからの猛攻を受け、何度か相手に決定機が生まれるもGKとDF陣が体を張って守りきります。

守り切ってからのカウンターを狙いましたが、数少ないチャンスで決めきれず、スコアは動かないまま0-1での敗戦となりました。

今節でシルフィードはカップ戦全日程終了となり、次のリーグ戦まで約1ヶ月半程度の中断期間を迎えます。

リーグ後半戦に向け勝てるチームに成長出来なければ、降格を免れることはできません。それくらい今は厳しい状況にあります。

他チームもこの中断期間でさらにレベルを上げてくる中で、闘えるチーム、そして勝てるチームに成長出来るよう課題に取り組みたいと思います。

次節は、

8月31日 (土) 15:00 ヤンマースタジアム長居 にて

第10節 VSセレッソ大阪堺レディースとなります。

アウェイでの試合となりますが、応援よろしくお願いします。

(土曜日試合となりますので、ご注意ください!)

ニュース画像1
ニュース画像2

2019.07.01

勝ち切れず。

6月30日 (日) 13:00 大和なでしこスタジアム にて

カップ戦 第8節 VS スフィーダ世田谷FCが行われ、0-1で敗戦となりました。

前半はシルフィードが押される場面が多い展開でしたが、GKを中心に全員で猛攻を守り切り、0-0で折り返します。

試合が動いたのは後半10分、相手右サイドからゴール前にクロスが上がると、中に走りこんでいた相手にヘディングで合わされ失点。0-1となります。

後半になってもスフィーダの運動量は落ちず、シルフィードゴールを何度も脅かします。得点が欲しいシルフィードは、前線にボールを配給するもスフィーダのDF陣に跳ね返され、なかなかチャンスメイクが出来ません。最後まで粘りましたが、そのままスコアは動かず0-1での敗戦となりました。

このカップ戦を通して、チームは成長できているのか。個人としてのレベルアップは図れているのか。

結果だけを見てしまえば、出来ていない。と言われてしまっても仕方のない状況です。

現状を受け止め、やるべきことをやり続け、それが結果に繋がるように努力していきたいと思います。

次節は、

7月6日 (土) 15:00 川越運動公園陸上競技場 にて

第9節 VSちふれASエルフェン埼玉 となります。

アウェイでの試合となりますが、応援よろしくお願いします。

(土曜日試合となりますので、ご注意ください!)

ニュース画像1
ニュース画像2

2019.06.24

負け。

6月24日 (土) 13:00 ニッパツ三ツ沢球技場 にて

カップ戦 第7節 VS ニッパツ横浜FCシーガルズ が行われ、0-1で敗戦となりました。

試合が動いたのは前半35分、シルフィードはゴール前でのパスミスを相手に奪われ失点。前半のうちに同点まで追いつきたいところでしたが、0-1で折り返します。

後半に入ってもなかなか決定機を生み出せず、得点に繋がりません。

対するシーガルズは追加点を奪うため攻撃に厚みをかけてゴール前まで攻め込んできますが、そのままスコアは動かず0-1での敗戦となりました。

やっと掴んだホーム戦初勝利からの敗戦。思うことはたくさんあります。

自分たちのミスから失点をし、その一点で敗戦をしていること。一点の重み、責任を全員がもっと感じるべきだなと改めて痛感しました。

そして、カップ戦も残すところ2試合です。この先のリーグ後半戦に向けて、残す2試合をどういった内容にするかが今後に大きく関わってくると思います。全員が内容と結果にこだわり、いい報告ができるよう、頑張りますので応援よろしくお願いします。

次節は、

6月30日 (日) 13:00大和なでしこスタジアム にて

第8節 VS スフィーダ世田谷FC となります。

ホームでの試合となりますので、是非会場での応援をよろしくお願いします。

ニュース画像1
ニュース画像2

2019.06.17

ホーム戦、初勝利!

6月16日 (日) 13:00 大和なでしこスタジアム にて

カップ戦 第6節 VS オルカ鴨川FC が行われ、2-1で勝利しました!!

前半4分、コーナーキックからのこぼれ球を#17 西山がダイレクトで合わせ得点!早い時間で先制します!

続く前半21分、左サイド#8大家がドリブルからクロスをあげると、中で呼び込んでいた#18市原が確実に決め2-0となります!

そのまま前半を2-0で折り返します。

後半に入るとオルカの攻撃にさらに勢いがつき、猛攻に耐える時間が増えます。何度もゴール前に攻め込まれ、シュートを放たれますが、ひとりひとりが体を投げ出しながら必死にゴールを守り、得点を許しません。

しかし、後半42分、必死の守備ゆえに相手にPKを与えてしまい、失点。2-1となります。

このままスコアは動かず、2-1での勝利となりました。

開幕戦以来、リーグでもカップ戦でも勝てない時期が約3ヶ月続き、苦しい時期が続きましたが、やっと1勝することができました。

2部で勝つことの難しさ、そして勝ったときの喜び、両方を改めて感じると同時に、この1勝で終わることの無いよう次節に向けてまたトレーニングしていきたいと思います。

次節は、

6月22日 (土) 13:00ニッパツ三ツ沢球技場 にて

第7節 VS ニッパツ横浜FCシーガルズ となります。

アウェイでの試合となりますが、応援よろしくお願いします。

※土曜日試合となりますので、ご注意ください。

ニュース画像1
ニュース画像2
ニュース画像3
ニュース画像4

2019.06.10

勝利ならず...

6月9日 (日) 13:00 大和なでしこスタジアム にて

カップ戦 第5節 VS ちふれASエルフェン埼玉 が行われ、0-4で敗戦となりました。

応援をしていただいている中、敗戦ばかりの報告となってしまい、本当に申し訳ない気持ちと悔しさでいっぱいです。

しかし、どんな状況であれ前を向き、進み続けるしかありません。

今やるべきことをやり、この状況を打開できるよう頑張りますので、引き続き応援よろしくお願いします。

次節は、

6月16日 (日) 13:00 大和なでしこスタジアム にて

カップ戦 第6節 VS オルカ鴨川FC となります。

ホームでの試合となりますので、是非会場にて応援をよろしくお願いします!!

ニュース画像1
ニュース画像2

2019.05.27

敗戦。

5月25日 (土) 13:30 AGFフィールド にて

カップ戦 第3節 VS スフィーダ世田谷FC が行われ、0-2で敗戦となりました。

前半は互いに決定機がありながらも決め切れない状況が続きます。

試合が動いたのはアディショナルタイム1分(前半45分+1)、右サイドからゴール前へ落とし込まれたボールにDF陣が対応するも、先に相手にボールが渡ってしまい、失点。前半終了間際で0-1となります。

後半も互いに譲らず激しい攻防戦を繰り返しますが、得点は動きません。

このまま試合終了か...と思われたアディショナルタイム2分、(後半45分+2)またもや失点を許し、0-2と突き放されます。

最後の最後で得点を許してしまい、0-2で試合終了となりました。

勝てない状況でも、とにかく前を見て全員で強く進み続けるしかありません。

そして、結果を残す。今のシルフィードはこれに尽きます。

苦しい時期が続いていますが、一生懸命頑張りますので今後とも応援よろしくお願いいたします。

次節は、

6月9日 (日) 13:00 大和なでしこスタジアム にて

なでしこリーグカップ2部 第4節 VS ちふれASエルフェン埼玉 となります。

ホームで行われますので、是非会場にて熱い応援をよろしくお願いします!!

ニュース画像1
ニュース画像2
ニュース画像3

2019.05.20

惜敗。

5月20日 (日) 11:00 大和なでしこスタジアム にて

第9節 VS オルカ鴨川FC が行われ、0-1で敗戦となりました。

前半は、シルフィード攻撃陣が果敢にシュートを放ちオルカゴールを脅かしますが、惜しくも連続三回クロスバーに阻まれ得点になりません。

対するオルカもボールを持つと、人数をかけた勢いのある攻撃でシルフィード陣地に攻め込みますが、シルフィードの粘り強い守備により得点には至りません。

前半スコアは変わらず0-0で後半に入ります。

試合が動いたのは後半16分、シルフィードのゴール前で混戦となり、体を投げ出しての守備をしたところ、ペナルティエリア内でのハンド判定となりオルカにPKを与えてしまいます。これを確実に決められ0-1となります。

いい流れでゲームを運べていた中での痛い失点でしたが、すぐに切り替えて得点を奪いにいきます。オルカ陣地でのプレーは増えたもののそこから決定機は生まれず、0-1で惜しくも敗戦となりました。

今節でリーグ前半戦が終わりました。前半を終え現在9位につけており、このままでは入れ替え戦、自動降格の可能性がありとても厳しい状況です。

リーグ後半戦で巻き返せるように、今ある課題を修正し、勝てるチームに進化できるよう頑張りますので、引き続き応援のほどよろしくお願いいたします。

次節からはカップ戦となります。

5月25日 (土) 13:30 AGFフィールド にて

カップ戦 第3節 VSスフィーダ世田谷FC となります。

アウェイでの試合となりますが、応援をよろしくお願いします!!

ニュース画像1
ニュース画像2
ニュース画像3

2019.05.13

敗戦

5月12日 (日) 14:00 埼玉スタジアム2002 第2グラウンド にて

第8節 VS ちふれASエルフェン埼玉 が行われ、1-4で敗戦となりました。

試合が動いたのは前半14分、ゴール前に落とされたボールへの対応が遅れたところを相手にヘディングで押し込まれ失点。

さらに22分、自陣でのパスミスからボールを奪われ失点。

続く26分、相手CKからヘディングで合わされ失点。

43分には、右サイドからゴール前に上がったクロスを確実に流し込まれ失点。

立て続けの失点から流れを取り戻せず前半を0-4で折り返します。

後半、切り替えて得点を奪いに前線から相手にプレスをかけます。

シルフィードはゴール前までボールを運べるものの、エルフェンの安定したDF陣を最後まで剥がしきれずなかなか得点が奪えません。

対するエルフェンも攻撃の手を緩めることなく、人数をかけ追加点奪いにきます。

後半はなかなかスコアが動かず、このまま試合終了してしまうかと思われたアディショナルタイム(後半47分)、ボールを奪ったシルフィードはカウンター攻撃から1点を返します。

最後まで粘りましたが、1-4で敗戦となりました。

なかなか結果がついてこない厳しい状況が続いていますが、次節に向けてまたしっかりと準備していきたいと思います。

次節は、

5月19日 (日) 11:00大和なでしこスタジアム にて

第9節 VSオルカ鴨川FC となります。

ホーム戦となりますので、是非会場での応援をよろしくお願いします。

ニュース画像1
ニュース画像2

2019.05.07

GW三連戦!

GW三連戦の結果報告をいたします。

4月28日 (日) 13:00 大和なでしこスタジアム にて行われた

第5節 VS 静岡産業大学磐田ボニータ 1-1 引き分け

立ち上がり早々に失点を許しますが、何とか追いつき引き分けに終わりました。

② 5月2日 (木・祝) 13:00 大和なでしこスタジアム にて行われた

第6節 VS スフィーダ世田谷FC 1-2 敗戦

前半に先制するも、後半に逆転を許し敗戦してしまいました。

③ 5月6日 (月・祝) 13:00

京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場 にて行われた

第7節 VSバニーズ京都SC 1-1 引き分け

静産同様、前半に先制するも後半に失点を許してしまい引き分けに。

全三戦、2分1敗と勝利を収めることができませんでした。

自分たちの実力をしっかりと受け止め、1試合でも多く勝てるよう努力していきたいと思います。

次節は、

5月12日 (日) 14:00 埼玉スタジアム2002第2グラウンド にて

第8節 VSちふれASエルフェン埼玉 となります。

アウェイでの試合となりますが、応援よろしくお願いします。

ニュース画像1
ニュース画像2
ニュース画像3
ニュース画像4

2019.04.22

リベンジならず・・・

4月20日 (日) 13:00 ニッパツ三ツ沢球技場 にて

第4節 VS ニッパツ横浜FCシーガルズ が行われ、0-3で敗戦となりました。

試合が動いたのは前半2分、ゴール前でのクリアボールを相手に拾われシュートを放たれるとそのまま失点。0-1となります。

開始早々の失点により、立ち上がりとしては最悪な形となりましたが、切り替えて得点を奪いにいきます。

しかし、ボールの支配率はシーガルズの方が上回っており、シルフィードはボールを奪ってからカウンター攻撃を仕掛けるも、すぐにまた失う場面が目立ちます。

シュートもなかなか思うように打たせてもらえず、1点が届かない苦しい展開(0-1)のまま後半に入ります。

シルフィードはポジションの入れ替えを行い、前線に勢いをつけます。

後半の序盤には得点が生まれそうな場面が増えますが、これをシルフィードはモノにできず、再びシーガルズペースで試合が運ばれます。

このままスコア変わらず試合が終わってしまうと思われた後半41分、CKからヘディングで合わされ再び失点。0-2と突き放されます。

さらに後半44分、今度はゴール前のFKを直接決められ0-3となります。

立て続けに失点を許してしまい、0-3で敗戦となりました。

これでリーグとカップ戦を合わせ、5連敗となってしまいました。開幕戦で勝利を挙げて以来、1度も勝てていません。

この結果をしっかりと受け止め、勝てるチームになれるよう全員で頑張りますので、引き続き応援のほどよろしくお願いいたします。

また、ゴールデンウィークには全3試合が行われます。以下の日程をご確認ください!

4月28日 (日) 13:00 大和なでしこスタジアム にて

第5節 VS 静岡産業大学磐田ボニータ

② 5月2日 (木・祝) 13:00 大和なでしこスタジアム にて

第6節 VS スフィーダ世田谷FC

③ 5月6日 (月・祝) 13:00 京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場 にて

第7節 VSバニーズ京都SC

3試合のうち2試合がホームで行われますので、是非会場にて熱い応援をよろしくお願いします!!

ニュース画像1
ニュース画像2

2019.04.15

連敗。

4月14日 (日) 13:00 大和なでしこスタジアム にて

カップ戦 第2節 VS ニッパツ横浜FCシーガルズ が行われ、2-3で敗戦となりました。

試合が動いたのは前半22分、相手右サイドからゴール前に上がったクロスをヘディングで合わされ失点。

そして続く23分、相手FKから裏に出されたボールにDF陣が対応するもシュートを放たれると、一度はポストに跳ね返ったボールを詰め込まれ、立て続けに失点を許し、0-2となります。

この失点により完全に相手ペースで試合が運ばれ、立て直す暇もなくまたも失点を許してしまいます。

前半30分、ドリブルとパスワークを駆使した攻撃から最後はミドルシュートを放たれ失点。0-3と突き放されます。

前半得点を奪い返すことができず後半に入ります。

後半も相手が優勢な状態で試合が運ばれる中、なんとか得点が欲しいシルフィードはとにかく前へ前へボールを動かし、ニッパツ陣地に攻め込もうとしますが相手の堅い守備によりなかなかシュートまで漕ぎつけません。

3点を追う苦しい状況でもシルフィードは粘り強さを見せて相手の猛攻を防ぎ、そこからゴールへ向かいます。

後半35分、CKから#4岸がヘディングで合わせたこぼれを#13榎谷が押し込み得点!

さらに3分後の38分、右サイドの崩しから#8大家が決め切り、1点差まで迫ります。

最後まで闘いましたが勝ち越すことはできず、2-3での敗戦となりました。

敗戦が続き、チームとしてもとてもしんどいですが、どうにか乗り越え勝利を掴みたいと思います。

次節からは、またリーグ戦に戻ります。

2週連続で同じ相手と対戦できるので、リベンジできるよう一週間トレーニングに励みたいと思います。

次節は、

4月20日 (土) 13:00 ニッパツ三ツ沢球技場 にて

第4節 VS ニッパツ横浜FCシーガルズ となります。

アウェイでの試合となりますが、応援よろしくお願いします。

※土曜試合になりますので、ご注意ください。

ニュース画像1
ニュース画像2

2019.04.08

カップ戦初戦 敗戦...。

4月7日 (日) 13:00 鴨川市陸上競技場 にて

カップ戦 第1節 VS オルカ鴨川FC が行われ、0-1で敗戦となりました。

オルカは現在リーグで、3勝かつ無失点で1位につけているチームです。

試合が動いたのは開始早々3分、相手にCKを与えてしまうと、これが直接決まり失点。0-1となります。

シルフィードのスタートとしては最悪の状況となりましたが、すぐに切り替えて得点を奪いにいきます。

しかし、前線にボールを配給するも、相手の方が空中戦や球際の強さが勝り、なかなかマイボールにできずに、カウンター攻撃で再び攻め込まれてしまいます。

攻め込まれる場面が続きますが、DF陣を中心に体を張ってどうにか守り切り、前半はスコア変わらず0-1のまま後半に入ります。

後半もややオルカのペースで試合が運ばれる中、苦しい時間帯を全員で耐え続けます。

シルフィードも少しずつ相手ゴール前でプレーすることが増えますが、オルカの堅い守備により得点には至りません。

最後まで粘りましたが、力及ばず0-1での敗戦となりました。

リーグから合わせ3連敗という結果となり、応援してくれている方々に勝利を届けられず申し訳ない気持ちと、自分たちの力不足を改めて実感させられる試合内容となりました。

2部で勝ち抜く厳しさを、身をもって感じている今、この負けている期間をどうやって乗り越え、チームとして成長できるかで今後の結果が変わってくると思います。

次週に向けまた頑張りますので、引き続き応援のほどよろしくお願いいたします。

次節は、

4月14日 (日) 13:00 大和なでしこスタジアム にて

カップ戦 第2節 VS ニッパツ横浜FCシーガルズ となります。

ホーム戦となりますので、是非会場での応援をよろしくお願いします!!

ニュース画像1
ニュース画像2

2019.04.01

敗戦...

3月31日 (日) 大和なでしこスタジアム にて

第3節 VS 愛媛FCレディース が行われ、0-1で敗戦となりました。

愛媛は個々の能力が高く、連携したパスワークで攻め込んでくるチームです。

試合が動いたのは開始早々の前半8分、

左サイドを抜け出してきた#18市原が右サイド#3菅からのボールを受けると、キーパーの頭上を越えるシュートを放ち得点!!早い時間帯での先制に成功します!!

と、思われましたが...オフサイド判定により得点に至らず...。

前半はどちらも決定機が生まれず0-0で折り返します。

得点が動いたのは後半24分、

相手右サイドからゴール前へ上がったクロスにより失点。0-1となります。

苦しい時間帯を守り抜いていた中での失点となり、シルフィードは厳しい状況になります。

まずは1点を返すため、何度もゴール前まで迫りますが愛媛の守備に阻まれ得点には至りません。対する愛媛もさらに追加点を奪うため確実にパスを繋いでシルフィード陣地まで迫ります。

しかし、最後まで得点は動かず0-1での敗戦となりました。

2連敗という結果をしっかりと受け止め、勝つためには何が足りないのか、何をしなければならないのかを考え、それを実践できるよう次に向けて頑張りたいと思います。

今回も会場に足を運んで応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。次こそは勝利を届けられるよう頑張りますので、また応援に来ていただけると嬉しいです。

また、今節でリーグは一時中断し、次節からカップ戦に入ります。

カップ戦につきましては、日程決定についての記事にて詳細を載せてありますので、ご確認ください。

次節は、

4月7日 (日) 13:00 鴨川市陸上競技場 にて

カップ戦 第1節 VS オルカ鴨川FC となります。

アウェイ戦となりますが、いい報告ができるよう頑張ってきますので、応援よろしくお願いします!!

ニュース画像1
ニュース画像2

2019.03.25

ホーム開幕戦、敗戦。

3月24日 (日) 11:00 なでしこスタジアム にて

第2節 VS セレッソ大阪堺レディース が行われ、1-3で敗戦となりました。

セレッソは、高校生のチームながら昨年までなでしこリーグ1部に属しており、年代別の日本代表選手も多く揃っている非常に実力のあるチームです。

試合が動いたのは前半28分、

自陣でボールを奪われると、相手の右サイドからゴール方向へ早いクロスを上げられ、これに反応したDFとGKの連係ミスからボールはそのままゴールへ...。0-1と先制を許します。

しかし、わずか2分後の前半30分、

フリーキックを獲得しキッカー#11堀がゴール前へボールを蹴りこむと、一度は相手GKに弾かれますが、こぼれ球に反応した#2伊藤がシュートを放ち得点!!すぐに試合を振出しに戻します。

そのままのスコアで前半を終えると思われた前半45分+アディショナルタイム、

相手右サイドからゴール前へ縦に早いパスが入り、そこに走りこんでいた相手にDFが対応するも相手の技術の高さにより、ゴールへ流し込まれ失点。

前半終了間際の失点により、1-2で前半を折り返します。

後半に入ると相手ペースで試合が運ばれ、なかなか自分たちのやりたいことがうまくできない時間帯が続きます。

そして後半5分、

相手右サイドからゴール前へクロスが上がるとヘディングで合わされ失点。

1-3とさらに点差が開きます。

2点差がついた分相手にはさらに余裕が生まれ、組織的な攻守により安定したプレーを続けてきます。

対するシルフィードは得点を奪うために最後まで走りましたが、得点には至らず1-3での敗戦となりました。

2連勝してさらに勢いをつけたかったのですが、この敗戦を無駄にせず次に勝つ為の糧にしたいと思います。

会場に足を運んで応援してくださった皆様、本当にありがとうございました!

次節は、

3月31日(日) 11:00 大和なでしこスタジアム にて

第3節 VS 愛媛FCレディース となります。

今節もホーム戦となりますので、是非会場にて応援をよろしくお願いします!!!

少しでも多くの方に観ていただき、知ってもらえると嬉しいです。

熱い応援をお待ちしております!!

ニュース画像1
ニュース画像2
ニュース画像3

2019.03.22

なでしこリーグ2部開幕!!初戦勝利!!

3月21日 (木・祝) 13:00 ウインク陸上競技場 にて

第1節 VS ASハリマアルビオン が行われ、3-1で勝利しました!!!

今節はシルフィードにとって初めての2部の舞台でした。新しい挑戦の年、橙躍進するための第一歩。

今までとは違う雰囲気やレベルの中で、どれだけ自分たちができるのか。

チャレンジャーとして、全員が全力で戦い抜きました!

ハリマは昨年2部リーグで5位につけており、攻守ともにアグレッシブなチームです。

試合が動いたのは前半42分、

#15 櫻林が右サイドからゴール前にクロスを上げると、中で待っていた#8大家が足で合わせ得点!前半終了間際に先制します!!

前半を1-0で折り返し後半に入ります。

立ち上がり早々、後半3分に相手コーナーキックより失点を許し、1-1と振出しに戻ります。

1-1となり、ますます激しい攻防戦が繰り返される中、再び得点が動きます。

後半14分、左サイドでボールを受けた#8大家がゴール前にパスを出すと、中で呼び込んでいた#3菅がダイレクトで合わせ得点!!2-1と勝ち越します!!

ここから流れを引き寄せたシルフィードは、さらに後半33分、

左サイドでボールを受けた#19中野のクロスボールの跳ね返りを#9松浦が拾うと冷静にゴールへ流し込み、3-1と突き放します。

その後もハリマの猛攻を受けますが、GK,DF陣を中心に全員が体を張ってピンチを守り抜き、3-1で開幕戦を勝利で飾ることができました!!

開幕を白星で飾ることができたことは、本当に嬉しいです。

しかし、リーグは始まったばかりでここからまだまだ先は続きます。

一戦一戦、目の前の試合としっかり向き合い、確実に戦い抜いて、結果を出したいと思います。

2日後には再び試合が行われるので、少ない時間ではありますが、この試合で出た課題を改善し、いいコンディションで24日を迎えたいと思います。

次節は、

3月24日(日) 13:00 大和なでしこスタジアム にて

第2節 VS セレッソ大阪堺レディース となります。

ホーム開幕戦となりますので、是非会場にて応援をよろしくお願いします!!!

熱い応援をお待ちしております!!!

ニュース画像1
ニュース画像2
ニュース画像3
ニュース画像4

2019.02.06

2019シーズン始動、全試合日程決定!

2019シーズン、始動しています!!

今シーズンのチームスローガンは、橙躍進(だいやくしん)となりました!

本来の大躍進という文字の「大」を大和シルフィードのチームカラーである橙色という文字にかけた言葉です。

文字通り、今シーズンは二部という新たな舞台で、更にチームが躍進できること、そして大和シルフィードらしくチームのカラーを出して最後まで闘います!

今年も大和シルフィードの応援をよろしくお願いします!!

また、シーズンの全試合日程が発表されましたので、ご報告致します。

今季は、2019プレナスなでしこリーグに加え、2019プレナスなでしこリーグカップが増え、試合数も倍になります。

【2019プレナスなでしこリーグ2部参加チーム】
■ちふれ ASエルフェン埼玉
■オルカ鴨川FC
■スフィーダ世田谷FC
■ニッパツ横浜FCシーガルズ
■大和シルフィード ※昇格
■静岡産業大学磐田ボニータ
■バニーズ京都SC
■セレッソ大阪堺レディース ※降格
■ASハリマアルビオン
■愛媛FCレディース

※大会形式 10チームによる2回戦総当たりリーグ戦(全18節・90試合)

【2019プレナスなでしこリーグカップ2部参加チーム】
<Aグループ>
■ちふれASエルフェン埼玉
■オルカ鴨川FC
■スフィーダ世田谷FC
■ニッパツ横浜FCシーガルズ
大和シルフィード

<Bグループ>
■静岡産業大学磐田ボニータ
■バニーズ京都SC
■セレッソ大阪堺レディース
■ASハリマアルビオン
■愛媛FCレディース

※10チームを2つのグループに分け、5チームの2回戦総当たり「予選リーグ」を行う。
(予選リーグのグループ分けは、地域性を考慮し、A・Bの2つのグループに分ける。)
予選リーグの各グループ1位の2チームで決勝を行う。

プレナスなでしこリーグ2部 開幕戦は、

3月21日(木・祝) 13:00 ウィンク陸上競技場 (兵庫県) にて

VS ASハリマアルビオン となりました。

初戦は、昨シーズン5位につけていたハリマとの対戦になります。

アウェイでの闘いになりますが、しっかりと勝ちきって勢いのあるスタートを切りたいと思います。

また、今シーズン最初のホーム戦は、

3月24日(日) 11:00 大和なでしこスタジアム にて

第2節 VS 愛媛FCレディース となります。

昨年までとは全く違うレベル、新しい舞台での戦いを観ていただけると嬉しいです。

是非、会場に足を運んでの熱い応援をよろしくお願いします。

ニュース画像1

2018.12.28

2018シーズン優勝報告

12月15日(土)18時30分より、大和市勤労福祉会館にて「大和シルフィード2018シーズン優勝報告会」が行われ、大和市長 大木 哲 様をはじめ、議員の皆様、応援する会の皆様、各スポンサー企業の皆様など、数多くの方々にお集まりいただきました。

社長からは素敵なスタンド花を頂き、会場に飾らせていただきました。また、お忙しい中、本社の入沢さん、センターの秋山さんにご出席いただきました。ありがとうございます。

今年こそは・・・と毎年掲げていた"2部リーグ昇格"の目標をやっと達成することができ、いつもどんな状況でも応援し続けてくださった皆様に、いい報告が出来て本当に嬉しかったです。

この報告会を通し、改めて私たちはたくさんの多大なるご支援・ご声援のもとに成り立っていることを実感しました。大和シルフィードに関わってくださる方々に心から感謝するとともに、"結果"を出すことで皆様に恩返しが出来るよう、全員で闘い抜きたいと思います。

来季はより一層厳しい試合が続くと思いますが、チーム一丸となって精一杯頑張りますので、これからも大和シルフィードへの変わらぬご支援・ご声援をよろしくお願い致します。

なお、来年度の日程等については詳細がわかり次第、随時更新させていただきます。

一年間、たくさんの応援本当にありがとうございました!!

ニュース画像1
ニュース画像2
ニュース画像3
ニュース画像4

2018.12.12

なでしこリーグ2部昇格!!

12月6日に行われた日本女子サッカーリーグ理事会において、大和シルフィードの来シーズンなでしこリーグ2部昇格が正式に承認されました!!

来季からはなでしこリーグ2部に挑みます!!

カテゴリーが上がってもしっかりと結果を残せるように、今からしっかりとトレーニングに励みたいと思いますので、引き続き大和シルフィードへのご支援・ご声援をよろしくお願い致します。

ニュース画像1
ニュース画像2

2018.09.18

チャレンジリーグ優勝!!なでしこリーグ2部昇格へ!!

9月15日 (土) 11:00 大和なでしこスタジアム にて

プレーオフ第3節 VS アンジュビオレ広島 が行われ、2-1で勝利し、チャレンジリーグ優勝なでしこリーグ2部への昇格権を得ることが出来ました!!

※なでしこリーグ2部昇格につきましては、今後日本女子サッカーリーグの理事会の審議を経て正式に決定します。

シルフィードは広島より勝ち点が3上回っている状態での試合となり、引き分け以上でまずは2位以上が確定、勝てば、勝ち点が並んでいる十文字の結果次第で優勝の可能性が残り、負ければ入替戦出場権すら得られなくなる可能性があるという、この試合で全てが決まる、まさに大一番の試合となりました。

※シルフィードも勝ち、十文字も勝った場合、プレーオフ全3戦で得点数が上回っているチームが上位に立ち、得点数も並んだ場合は警告数(イエローカード)が少ないチームが上位に立つ。

広島は個々の能力もあり、攻守共に組織力もある、過去にはなでしこ2部リーグに所属していたチームです。

前半立ち上がりは、互いにシンプルに裏のスペースを狙って相手陣地にボールを運びます。

得点が動いたのは前半20分、フリーキックからゴール前にボールを入れると1度は相手DFに弾かれますが、このこぼれ玉を#11堀が拾い#8大家に繋ぎます。パスを受けた#8大家のドリブルからのミドルシュートがGKの頭上を超え得点!! 1-0と先制します!

続く前半30分、#11堀から右サイドでパスを受けた#3菅がドリブルで中へ仕掛けてからへスルーパスを出すと、裏へ抜け出していた#18市原のスライディングシュートが決まり2-0となります!!

リズムを掴んだシルフィードはその後も攻撃の手を緩めることなく相手陣地に攻め込みます。

対する広島も体を投げ出した守備と球際の粘りでボールを奪うと人数をかけてゴール前まで迫ってきますが得点には至らず、そのまま2-0で前半を終えます。

後半に入ると、相手もさらに攻撃のスイッチを入れてシルフィード陣地に侵入し、隙があれば遠くからミドルシュートを放ってゴールを脅かします。シルフィードも追加点を奪いにパスワークで相手を崩しゴール前まで迫りますが広島の守備に阻まれ得点に繋がりません。

互いに譲らずスコアそのまま試合終了を迎えると思われたアディショナルタイム、相手FKから押し込まれ失点・・・。2-1となります。

そのまま試合終了となり、勝利こそしたものの、最後の最後で失点を許す悔しい終わり方となりました。

優勝するには得失点も関わってくるため、できるだけ得点を取り、失点を押さえる必要があったなかで最後の失点はかなりの痛手となりましたが、後は他会場の試合結果を待つだけとなりました。

試合後はチームで祈るように試合速報を見て、その瞬間を待ちました。

結果は・・・十文字が引き分けたため、勝ち点で上回りチャレンジリーグ優勝が決まりました!!!!

現時点では、昇格する権利を得ている状況であり、日本女子サッカーリーグの理事会での審議を経て、正式になでしこ2部リーグ昇格となります。

正式に決まり次第、改めて報告させていただきます。

次いで、皇后杯関東地区予選の結果報告をさせていただきます。

9月17日(月・祝)  10:30 清瀬市内山運動公園A にて、

VS 日体大FERLDS横浜サテライト が行われましたが、

1-2で敗戦となりました。

チャレンジリーグ全試合が終わり、残すは皇后杯のみとなりました。今大会はノックアウト方式のため、勝ち進まなければ2018シーズンが終わってしまう今季を懸けた大事な一戦でした。

得点が動いたのは前半9分、#20阿部から裏のスペースへ出たボールに反応した#15松浦がシュートを放ち得点!!1-0と先制します!!

失点後も日体大は焦ることなく裏へボールを配給し、ゴール前まで迫ってきます。前半は互いに決定機が生まれず1-0で後半に入ります。

後半に入ると、日体大ペースで試合が運ばれシルフィードは自陣での守備が続きます。

後半8分、ゴール前のクロスを押し込まれ失点。1-1となります。

さらに後半12分、セットプレーから失点。立て続けに2失点し、逆転を許します。

なんとか同点に追いつこうと前線にボールを送りますが、勢いに乗った日体大がペースを握り、攻撃の芽も摘まれてしまいます。足が止まり始めたシルフィードは、自分たちでボールを保持する時間帯が少なく、相手陣地に攻め込めません。

最後まで諦めずゴールを目指しましたが、得点には至らず1-2で敗戦となりました。

敗戦してしまったため、2018シーズンの公式戦はこれにて全て終了いたしました。

今季のメンバーで一日でも長く共に闘いたかったのですが、力及びませんでした。

今シーズンはなかなか勝てない時期も続き、プレーオフ出場権すら得られないかもしれない状況にまで陥り、苦しい時期もありましたが、その苦しさがあったからこそ、今があると思います。チームとしてまとまり、みんなで最悪の状況から巻き返し、何度も逆境を乗り越えてきました。

そして、毎年、「今年こそ。」と目標に掲げてきた2部昇格が、やっと現実になる権利を得ることが出来ました。これは、どんなときでもシルフィードを支え、応援してくれた、シルフィードに関わってくださった全ての皆様のおかげです。本当に心から感謝しています。ありがとうございました。

ここからがまた新しいスタートとなります。新たなステージでしっかりと結果を出し続けられるよう、チームとしても個人としてもさらに成長していきたいと思います。

今後とも、大和シルフィードをよろしくお願い致します。

本当にありがとうございました!!

ニュース画像1
ニュース画像2
ニュース画像3
ニュース画像4

2018.09.10

プレーオフ第2節 引き分け・・・

9月8日(土) 17:00 十文字学園女子大学サッカーグラウンド にて

プレーオフ 第2節 VS FC十文字VENTUS が行われましたが、1-1の引き分けとなりました。

十文字とは同じEASTの所属であり、リーグ戦とプレーオフを含めると4回目の対戦となるため、互いに相手チームの特徴をわかりあっての試合となりました。

前半立ち上がりはなかなかボールが落ち着かず、どちらもペースを掴めない時間帯が続きましたが、しばらくするとやや十文字ペースでの試合運びとなります。

十文字は流動的な動きとパスワークでリズムを作り、シルフィード陣地へ攻め込んできます。

対するシルフィードは攻め込まれる場面こそあるものの、粘り強い守備で相手に自由なプレーをさせません。

何度か互いにゴールを脅かすプレーがありますが、得点には至らず0-0のまま後半に入ります。

得点が動いたのは後半9分、相手コーナーキックからゴール前で混戦となったところを押し込まれ失点。0-1となります。

失点後、さらに追加点を奪うため勢いを落とすことなく攻め込んでくる相手に対し、シルフィードは全員で連携してボールを奪うと、同点弾を狙いにいきます。

そして後半16分、裏に抜け出した#15松浦の右からのセンターリングを、ゴール前に走りこんだ#11堀がダイレクトで合わせ得点!!同点に追いつきます!!

得点後はシルフィードが流れを掴み、相手陣地に攻め込む回数も増えますが、十文字も素早いプレスと人数をかけてボールを奪いカウンターを仕掛けてきます。

試合終了間際、シルフィードがいい位置でフリーキックを獲得し、ゴール前での混戦から得点が生まれそうになりましたが、十文字の必死の守備に阻まれます。

まさに一進一退の激しい攻防戦が続きましたが、両者一歩も譲らず1-1で試合終了となりました。

現時点でシルフィードと十文字は互いに1勝1分と戦績は並んでいるものの、得失点等の関係でシルフィードが2位につけています。

優勝するには、他チームの結果も関わってきてしまう状況ではありますが、まずは最終節でしっかりと勝利し、2部昇格を掴み取りたいと思います。

次節は、

9月15日(土) 11:00 大和なでしこスタジアム にて

プレーオフ第3節 VS アンジュビオレ広島 となります。

今季最後のホーム戦であり、優勝をかけた大一番の試合となりますので、お時間がある方は是非、会場にて応援をよろしくお願いします!!

皆さんの応援、声援が本当に力になります。一人でも多くの方に来ていただきたいです。

よろしくお願いいたします!!

土曜日試合となりますので、ご注意ください。

ご報告遅くなりましたが、皇后杯 関東地区予選の組合せも決定いたしました!

11月3日(土・祝)より開幕する【第40回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会】の関東代表チームを決める関東地区予選が9月16日(日)から始まります!

シルフィードの初戦は2回戦からとなり、

9月17日(月・祝)  10:30 清瀬市内山運動公園A にて、

関東学園大学 VS 日体大FERLDS横浜サテライト の勝者との対戦となります。

合わせてこちらの応援もよろしくお願いします!

※中学生以上の女子選手により編成された、クラブチーム、大学、高校などのチームが参加し、トーナメント方式により優勝をめざすもので、男子の天皇杯全日本サッカー選手権大会に相当する。

ニュース画像1
ニュース画像2

2018.09.03

プレーオフ初戦 勝利!!

9月2日(日) 11:00 大和なでしこスタジアム にて

プレーオフ 第1節 VS JFAアカデミー福島 が行われ、1-0で勝利しました!!

得点が動いたのは前半開始早々4分、左サイドでボールを受けた#13榎谷からのクロスに反応した#28村山がゴール前に走りこむと、相手キーパーと相手DFとの混戦となり、こぼれたボールを#18市原が冷静に流し込み得点!!早い時間帯で先制します!!

ここから流れを一気に引き寄せたいシルフィードですが、アカデミーは失点後もリズムを崩すことなく、試合を運びます。

アカデミーの選手は個々の能力がとても高く、サイドの選手は攻守にわたり運動量が豊富で、中盤の選手はドリブルが上手く中央突破を仕掛けてきます。

シルフィードは先制こそしたものの、アカデミーの攻撃に耐える時間が長く、なかなか追加点を奪えません。

何度かチャンスもありましたが得点には至らず・・・

そのまま1-0で前半を折り返します。

後半に入るとアカデミーの勢いはさらに増し、シルフィードは自陣でのプレーが多くなります。何度か相手に決定機を与えてしまうも、GK#21辻のファインセーブやDF陣の体を張った守備により失点を免れます。

アカデミーは最後まで攻撃の手を緩めず枚数をかけてゴールを奪いに来ますが、シルフィードも全員で苦しい時間帯を守り抜き、1-0で試合終了となりました。

プレーオフ初戦を勝利できたことはとても大きいですが、まだあと2戦残っています。切り替えて次の試合に勝つことだけを考え、全員でいい準備をしていきたいと思います。

また、今回の試合にもセンターの方々が応援に駆けつけてくださいました!!お忙しい中、本当にありがとうございます。

ホーム戦は残り1戦9月15日(土) 11:00大和なでしこスタジアムにて行われます、アンジュビオレ広島戦が残っていますので、お時間がある方は是非会場にて応援をよろしくお願いします!!

次節は、

9月8日(土) 17:00 十文字学園女子大学サッカーグラウンド にて

プレーオフ第2節 VS FC十文字VENTUS となります。

優勝に王手をかける、大事な一戦となります。

アウェイでの試合となりますが、是非応援よろしくお願いします。

※土曜日試合となりますので、ご注意ください。

ニュース画像1
ニュース画像2

2018.08.16

2018 プレナスチャレンジリーグ プレーオフ日程決定!

この度、「2018プレナスチャレンジリーグ プレーオフ順位決定戦」の日程が決定しましたのでお知らせいたします。
大和シルフィードはEASTリーグにて優勝を収めましたので、今年も1位~4位決定戦を戦います。

1位なでしこリーグ2部へ自動昇格

「2位⇒なでしこリーグ2部の下から2番目のチームと入替戦」

「以下⇒チャレンジリーグ残留」 となります。

第1節
9月2日(日) 11:00 Kickoff
vs JFAアカデミー福島(WESTリーグ2位)
会場:大和なでしこスタジアム

◆第2節
9月8日(土) 17:00 Kickoff
vs FC十文字VENTUS(EASTリーグ2位)
会場:十文字学園女子大学サッカーグラウンド

◆第3節
9月15日(土) 11:00 Kickoff
vs アンジュヴィオレ広島(WESTリーグ1位)
会場:大和なでしこスタジアム

9月2日(日)・9月15日(土)ホーム戦が開催されます!

昇格を懸けた闘いまで、残すところ2週間となりました。。

毎年、昇格を目の前にしながら逃してきたチャンスを今年こそ掴み、必ず2部昇格を果たしたいと思います。

ホームで2戦行われますので、是非、会場にて熱い応援をよろしくお願いいたします!!

皆さんの応援が本当に力になります!!

尚、詳細につきましては、なでしこリーグのホームページや大和シルフィードのホームページにも掲載されていますので、そちらもご確認ください。

ニュース画像1
ニュース画像2

2018.07.17

リーグ優勝!!プレーオフ出場決定!!

7月15日 (日) 11:00 札幌アミューズメントパーク にて

第15節 VS ノルディーア北海道 が行われ、2-0で勝利し、EASTリーグでの優勝を果たしました!!

プレーオフに出場できるのは、EAST、WESTリーグの上位2チームずつ合計4チームです。

シルフィード、ノルディーア、十文字のEAST所属の3チームは勝ち点が接戦のため、各チーム最終節の結果ですべてが決まる形となりました。

最終節を残して順位が1位のシルフィードは、引き分け以上で優勝及びプレーオフ進出が決定しますが、負けてしまえば一気に3位まで順位が下がってしまい、プレーオフ進出の道が絶たれてしまうという窮地に立たされての、今シーズンを懸けた一戦となりました。

当日は天候が悪く、雨風ともに強い中、互いに"勝つしかない"という状況下での試合は厳しい戦いになることは予想されましたが、どんな状況になっても平常心で戦えるよう試合に臨みました。

得点が動いたのは前半25分、前線でボールを受けた#11堀がドリブルからシュートを放つと、#8大家がこぼれ玉を押し込み得点!!いい時間帯に先制します!!

先制しリズムが出てきたシルフィードは、テンポよくパスを回し、さらに追加点を狙いにいきます。ミドルシュートなども積極的に狙い、決定機も生まれましたが、決めきれず得点には至りません。

対するノルディーアは、まずは同点に追いつくため、前線にどんどんボールを送り込んできますが、球際での強さを見せ全員で守り抜きます。

そのままスコアは動かず、1-0で折り返します。

ハーフタイムに入ると、天候が悪化し雷を伴う雨が降り始めたため、後半は前半終了から約1時間15分後の開始となりました。アクシデントがありましたが、集中を切らさず後半を迎えます。

後半に入りノルディーアは得意とするセットプレーから得点を奪いにきますが、DF陣は空中戦でも体張ってボールを跳ね返します。

突き放したいシルフィードは、相手からのボールをしっかり跳ね返すとカウンターで決定機を何度も作りますが、相手GKのセーブもあり決め切れません。時間が進むにつれ、得点が動かず焦りが出てきたせいか、ノルディーアは自らのミスが増え始めます。

そのまま得点は動かず試合終了かと思われたアディショナルタイムに、ついに追加点が生まれます!

途中出場した#25大関が左サイドからロングシュートを放つと、ボールはキーパーの頭上を超え得点!!そのまま2-0で試合終了となり、EASTリーグで初優勝することができました!!

最終節までプレーオフ出場が決まらず、勝たなければ後がないというプレッシャーがかかる試合で、結果を残せたことが本当に嬉しいです。今季は初戦を黒星でスタートし、勝てない時期が続き、一時期は昇格以前に下位リーグになるほどの苦しい状況をチームみんなで立て直しながら進んできた結果が、今日掴んだリーグ優勝だと思います。

しかし、まだやっと昇格するためのスタートに立ったばかりです。私たちの目標は、以前も書かせていただきましたが、上位にいることでも残留でもなく、2部昇格です。

プレーオフまでの期間でしっかりと準備し、勝ちきれるチームを作っていけるよう頑張りますので、これからも引き続き応援よろしくお願いします!

また、プレーオフの日程につきましては決まり次第ご報告させていただきますので、よろしくお願いします。

ニュース画像1
ニュース画像2
ニュース画像3
ニュース画像4

2018.07.09

第14節 逆転勝利!!!

7月8日 (日) 11:00 大和なでしこスタジアム にて

第14節 VS つくばFCレディース が行われ、2-1で勝利しました!!

得点が動いたのは前半16分、右サイドからのクロスをGK#21辻が1度ははじくも、こぼれ玉に反応した相手にシュートを放たれ失点。1-0と先制を許します。

このまま流れを引き寄せたいつくばは、攻撃に厚みをかけてさらに追加点を奪いに来ます。

対するシルフィードは、相手にペースを掴ませないように落ち着いてボールを回し、まずは一点を奪いに行きます。

そして前半35分、コーナーキックから待望の同点弾が生まれます!

キッカー#11堀からのボールを#22天田がゴール前に折り返すと、1度は相手GKにはじかれますが、#15松浦が詰め込み得点!!1-1の同点に追いつきます!

そのままスコアは変わらず、1-1で前半を折り返します。

後半は、立ち上がりから互いに追加点を奪うため激しい攻防戦となりますが、両者一歩も譲らず、攻守ともに体を張ってプレーします。

なかなか得点が動かず苦しい時間が続く中、シルフィードに追加点が生まれます!

後半34分、左サイドから#8大家がクロスをあげるとゴール前で混戦となり、最後は#11堀が体を投げ出しながらシュートを放ち得点!!2-1と勝ち越します!!

得点後の残り10分はつくばの猛攻を必死に抑え、最後まで全員で戦い抜いて、2-1で勝利することができました!

先制されても最後まで諦めず、全員で戦ったからこそ勝ち取れた勝利だと思います。

シルフィードは残り1戦を残して現在首位につけていますが、上位3チームの勝ち点が接戦のため、プレーオフ出場決定は最終節が終わるまでわからない状態となりました。

シルフィードは引き分け以上リーグ優勝とプレーオフ出場が決まります。しかし、敗戦した場合は現在3位につけている十文字VENTUSの試合結果によって決まります。

十文字が引き分けもしくは敗戦した場合は出場権獲得、勝った場合は順位が入れ替わり、シルフィードのプレーオフへの出場権は一気に絶たれてしまいます。

とにかく、負けは絶対に許されません。

次節対戦するノルディーアも勝つことが絶対条件で、互いに絶対に勝たなければいけない状況の中での厳しい戦いになりますが、全員で戦い、必ず勝ってプレーオフ進出とリーグ優勝をしてきます!

また、今節もセンター勤務の皆さんが会場に足を運んで応援してくださいました!(写真に載っていない方もいます(^^)!)

暑い中応援していただき、本当にありがとうございました!!

次節は、

7月15日(日) 11:00札幌アミューズメントパークにて

第15節 VS ノルディーア北海道 となります。

今節がリーグ最終節となりますので、アウェイでの試合となりますが、是非大和からパワーを送ってください!!よろしくお願いします!!

ニュース画像1
ニュース画像2
ニュース画像3
ニュース画像4

2018.07.02

第13節 勝利!!!

6月30日 (土) 11:00 みやぎ生協めぐみ野サッカー場B にて

第13節 VS 常盤木学園高校 が行われ、3-1で勝利しました!!

当日は気温が高く、とても暑い中での試合となりました。

得点が動いたのは前半14分、#18市原がヘディングで競ったボールに#11堀が反応すると、そのまま左足でシュートを放ち得点!先制します!

勢いづいたシルフィードは前半27分、裏へのボールに抜け出した#11堀がGKをかわし、無人のゴールへ流し込み得点!!2-0と点差を広げます。

常盤木は前線からの早いプレスでボールを奪うと、豊富な運動量で人数をかけ攻め込んできますが、シルフィードの守備陣を中心に跳ね返します。

前半はシルフィードが攻め込んでいる時間が長く、チャンスも多く見られましたが得点にはいたらず2-0で前半を折り返します。

後半に入ると気温はさらに上昇し、厳しい戦いとなります。

タフな高校生は暑さにも強く、運動量が落ちず果敢に攻め込んできます。

攻め込まれる場面も増え、ゴール前で決定機を作られるも#21GK辻のファインセーブにより阻止します。

後半18分、苦しい時間が続いている中で、待望の追加点が生まれます!

#23 岡森が相手の裏にロングボールを送ると、これに抜け出した#18市原がゴール左隅に確実に決め得点!3-0となります!

しかし、わずか1分後の後半19分、自陣でのミスパスを奪われるとそのままシュートを放たれ失点。3-1となります。

得点後、常盤木はさらに猛攻を仕掛けて来ますが、シルフィードもボールを奪うと相手陣地にすばやくボールを運び追加点を狙いに行きます。

激しい攻防戦が最後まで続きますが、得点は動かず試合終了。3-1での勝利となりました。

シルフィードは現在、残り2戦を残して2位につけています。

残り2戦を勝利するとプレーオフ出場の決定、そしてリーグ優勝です。

まずは次節、勝つことだけを考えて一週間チーム全員で調整していきます。

また、今節には仙台営業所に勤務されている真藤さんが、会場に足を運んで応援してくださいました!暑い中応援していただき、本当にありがとうございました!

次節は、

7月8日(日) 11:00大和なでしこスタジアム にて

第14節 VS つくばFCレディース となります。

ホーム最終節となり、プレーオフ出場と優勝に向けての大事な一戦となります。是非会場にて、一緒に闘ってください!熱い応援をよろしくお願いします!

ニュース画像1
ニュース画像2

2018.06.25

第12節 引き分け・・・

6月23日 (土) 13:00 大和なでしこスタジアム にて

第12節 VS 新潟医療福祉大学 が行われましたが、1-1の引き分けとなりました。

得点が動いたのは前半20分、右サイドから上がったクロスからシュートを放たれ、#21 GK 辻が一度は跳ね返すも、こぼれ玉を押し込まれ失点。先制を許してしまいます。

シルフィードは失点後、新潟にペースを握られないようすぐに切り替えてゴールを狙いに行きます。

そして前半27分、同点ゴールが生まれます!

前線でボールを納めた#18市原からパスを受けた#11堀がドリブルで仕掛け、そのままミドルシュートを放つとボールはゴールに突き刺さり得点!!

1-1と同点に追いつきます!

そのまま得点は動かず1-1で前半を終えます。

後半に入ると両チーム共に追加点を奪うため、球際での当たりや空中での競り合いが前半にも増して激しくなります。

シルフィードは失点こそ免れているものの、新潟にシュートまで持ち込まれることが増え、苦しい時間帯が続きます。

なんとか守り抜き前線にボールを送りますが、なかなか決定機を作り出せません。

試合終了間際、#11堀が左からクロスをあげると#14米田がキーパー前に身を投げ出しボールに触れ、得点が生まれそうになるも、新潟の粘り強い守備により阻まれます。

得点を奪うため最後まで必死に走り続けましたが、そのまま得点は動かず1-1で試合終了。痛い引き分けとなりました。

なんとしても勝たなければならない状況の中での引き分けとなりましたが、他チームの試合結果もあり、シルフィードにもリーグ優勝の可能性が残されています。

残り3戦、チーム全員で1戦1戦を戦いぬき、リーグ優勝したいと思いますので、引き続き熱い応援をよろしくお願いします。

次節は、

6月30日(土) 11:00 みやぎ生協めぐみ野サッカー場Bにて

第13節 VS 常盤木学園高校 となります。

アウェイでの試合となりますが、是非大和から熱い応援をよろしくお願いします!

ニュース画像1
ニュース画像2

2018.06.19

4連勝!!

6月17日 (日) 13:00 十文字学園女子大学サッカーグラウンドにて

第11節 VS FC十文字VENTUS が行われ、2-0で勝利しました!!

得点が動いたのは前半32分、#18市原が前線でボールを受け、相手DFをひきつけたところでパスを出すと、パスを受けた#15松浦がそのままダイレクトシュートを放ち、得点!!シルフィードが先制します!!

失点後も十文字は流動的な動きと細かなパスワークでシルフィード陣地に迫ってきます。何度か決定機を与えてしまいそうになるも、DF陣を中心に跳ね返します。

そのまま得点は動かず1-0で前半を終えます。

後半も激しい攻防戦となり両者一歩も譲らない展開が続きます。

シルフィードは追加点を狙いに攻め込みますが、決定機を決めきれず得点に至りません。

対する十文字も確実にボールを繋ぎ、ゴール前で何度もチャンスを作り出します。

シルフィードは人数をかけてゴール前でボールを奪いに行くと、十文字にFKを与えてしまいますが、直接狙ってきたシュートはクロスバーに当たり何とかピンチを免れます。

そんな苦しい時間が続く中、遂に待望の追加点が生まれます!

後半24分、コーナーキックを獲得すると、キッカー#22天田が蹴ったボールが直接ゴールに吸い込まれ得点!!2-0と突き放します。

その後も十文字の猛攻を全員で体を張って守りきり、2-0での勝利となりました。

毎試合、"勝つしかない"というプレッシャーもある中での4連勝目です。

残りの試合も一戦一戦確実に勝ち取り、プレーオフ進出を決めることはもちろん、優勝を目指して闘っていきますので、引き続き熱い応援をよろしくお願いします。

次節は、

6月23日(土) 13:00 大和なでしこスタジアム にて

第12節 VS 新潟医療福祉大学 となります。

今節は土曜日が試合日となりますので、お気をつけください!!

ホームでの試合も残り2試合となりました!プレーオフ進出に向け、絶対に負けられない戦いです。

是非会場で熱い応援をしていただき、私たちと一緒に闘ってください!

よろしくお願いします!!

ニュース画像1
ニュース画像2

2018.06.12

3連勝!!

6月10日 (日) 11:00大和なでしこスタジアムにて

第10節 VS ノルディーア北海道 が行われ、1-0で勝利しました!!

得点が動いたのは前半13分、#11堀がハーフライン付近でボールを受け、前線に動き出した#18市原にパスをつけると、#18市原は奪いにきた相手DFを一人かわしてロングシュートを放ち、ボールは相手GKの頭上を超え得点!!シルフィードが先制します!!

ノルディーアも同点に追いつくため猛攻を仕掛けていきますが、シルフィードは全体で組織的にボールを奪い、自由にプレーさせません。

そのまま得点は動かず、1-0で前半を折り返します。

追加点がほしいシルフィードと、同点に追いつきたいノルディーアは互いに激しくボールを奪い合い、どちらも一歩も引かない攻防戦を続けます。

試合終了間際、相手がゴール前に蹴り込んだロングボールから混戦になり、シュートを打たれるもGK #21 辻のファインセーブにより失点を免れ、さらにはじかれてゴール前に来たこぼれ玉をDF陣が体を張って必死に守り、何とか無失点に抑えます。

攻め込まれる場面もありましたが、全員で守り抜き1-0での勝利となりました!

プレーオフ進出に向けて一戦も落とせない中、全員で掴み取った勝利です。

まだまだ厳しい戦いが続きますが、残り5戦すべて勝ってプレーオフ進出を決められるよう頑張りますので、引き続き熱い応援をよろしくお願いします。

次節は、

6月17日(日) 13:00 十文字学園女子大学サッカーグラウンド にて

VS FC十文字VENTUS となります。

アウェイでの試合となりますが、応援をよろしくお願いします!!

ニュース画像1
ニュース画像2

2018.06.04

第9節 勝利!!

6月3日 (日) 17:00 セキショウチャレンジスタジアムにて

第9節 VS つくばFCレディース が行われ、1-0で勝利しました!!

つくばは、前回の対戦で引き分けに終わっている相手で、スピードがある選手や足元の技術が高い選手を中心に攻めてくるチームです。

シルフィードは、立ち上がりシンプルに相手の裏のスペースへボールを運び、枚数をかけてゴールを狙います。

対するつくばも、DFラインでボールを回しながら前線の選手が動き出したタイミングでスペースへボールを蹴りこみ攻め込んできます。

前半途中、つくばのCKから混戦となり、キーパーと1対1の状況を作り出されてしまうも、GK #21 辻のファインセーブにより失点を免れます。

互いにチャンスを作り出せているものの、得点には至らず0-0で後半に入ります。

後半に入っても、両者一歩も譲らず激しい攻防戦が行われる中、ついに先制点が生まれます!

後半34分、#6左子から右サイドでボールを受けた#11堀がクロスをあげるとゴール前に走りこんでいた#15松浦がダイレクトで合わせ得点!!1-0となります。

なんとしても同点に追いつきたいつくばは、猛攻を仕掛けてきますが、勝ちきりたいシルフィードも全員で体を張って攻撃の芽を摘みます。

対するシルフィードは追加点を狙い、果敢にミドルシュートを放ちますが、クロスバーや相手GKに阻まれます。

点が入ってから試合終了までの間、苦しい時間帯が続きましたが、最後まで全員が走りぬき、1-0での勝利となりました!!

前回に引き続き、勝ち点3を掴むことが出来ました!このまま連勝し続けられるよう、また1週間いい準備をしたいと思いますので応援よろしくお願いします。

次節は、

6月10日(日) 11:00 大和なでしこスタジアム にて

VS ノルディーア北海道 となります。

ホームでの試合となりますので、是非会場で熱い応援をよろしくお願いします

ニュース画像1
ニュース画像2

2018.05.28

第8節 、逆転勝利!!

5月27日 (日) 13:00 大和なでしこスタジアムにて

第8節 VS 常盤木学園高校 が行われ、2-1で勝利しました!!

得点が動いたのは前半6分、自陣でのパスミスからボールを奪われるとそのままミドルシュートを放たれ失点。0-1となります。

常盤木は先制後さらに勢いを増して攻めこんできますが、DF陣を筆頭に必死に守り、追加点を許しません。

先制をされてしまったものの、そこから立て直し徐々にリズムを掴んできたシルフィードは前半43分、#8大家が左サイドからシュートを放つと、キーパーの頭上を超え得点!

1-1と同点に追いつきそのまま前半を折り返します。

後半に入り、互いに一点を奪うため激しい攻防戦が続きます。

常盤木は、厳しい暑さの中でも運動量が落ちず、前へ前へボールを運び人数をかけて攻撃してきます。

対するシルフィードも、ボールを奪うと相手が嫌がるスペースにボールを運びシュートチャンスを狙います。

お互い得点をあげることが出来ないままアディショナルタイムへ突入したところで、シルフィードがコーナーキックを得ます。

そして、試合終了間際の後半45分過ぎ、#20阿部からのコーナーキックを#25大関がヘディングで合わせ得点!!

そのまま試合終了となり、2-1での逆転勝利となりました!!

ここ3戦、思うように結果が出ず苦しんできましたが、今回3試合ぶりに勝利することができました!

しかし、順位の変動はなく、もっと勝ち点を積み重ねなければ上位に浮上することは出来ません。

厳しい戦いがまだまだ続きますが、チーム一丸となり結果を残せるように頑張りますので、引き続き応援よろしくお願いします。

次節は、

6月3日(日) 17:00 セキショウチャレンジスタジアム にて

第9節 VS つくばFCレディース となります。

アウェイでの試合となりますが、応援よろしくお願いします!

ニュース画像1
ニュース画像2

2018.05.21

第7節、十文字に敗れる。

5月20日 (日) 13:00 大和なでしこスタジアムにて

第7節 VS FC十文字VENTUS が行われましたが、1-3で敗戦となりました。

立ち上がりは互いにシンプルに相手陣地へボールを蹴りこみ得点を狙いにいきます。

十文字は個々の技術が高く、少ないタッチ数と流動的な動きでテンポよくボールを前へ運んできます。人もボールもよく動く、ポゼッションが上手なチームです。

最初に得点が動いたのは前半22分、

#23岡森のFKから#8大家が中盤でボールを受けると、ゴールまで少し距離がありながらも、相手を一人交わし豪快なミドルシュートを放ち得点!!1-0とシルフィードが先制します!

先制後も十文字は乱れることなくパスワークで自陣に攻め込んできますが、シルフィードも落ち着いて対応し、そのまま前半を1-0で折り返します。

十文字は後半からメンバーを替え、さらに攻撃に厚みをかけてきます。

得点が動いたのは後半開始4分、中盤でボールを奪われると、枚数をかけたカウンターから失点。1-1と振り出しに戻ります。

立て直したいシルフィードでしたが、続く後半10分、またしてもサイドから崩され失点。逆転を許し、十文字にペースを握られてしまいます。

さらに後半18分、右サイドから左サイドのスペースへ大きく展開され、そこへ走りこんで来た相手に確実に決められ失点。1-3とさらにリードを許します。

2点を追う苦しい展開になっても、諦めることなく相手陣地に攻め込みますが、ペースを掴んだ十文字の安定した守備に阻まれ得点が動きません。

そのまま十文字が優位に試合を運び、試合終了。1-3と痛い敗戦となりました。

シルフィードの順位は変わらず4位です。プレーオフに進出できるのは上位2チームのみです。

シルフィード現時点で、ひとつでも落とせば進出の可能性が限りなく低くなってしまうという厳しい状況です。

ですが、この苦しい状況を全員で乗り切り、苦しんだ分強いチームになってプレーオフに進出出来るよう頑張りますので、引き続き応援よろしくお願いします。

次節は、

5月27日(日) 11:00 大和なでしこスタジアム にて

VS 常盤木学園高校 となります。

今節もホームでの試合となりますので、是非会場で熱い応援をよろしくお願いします!

ニュース画像1
ニュース画像2

2018.05.14

第6節、敗戦。

5月13日 (日) 11:00

新潟聖籠スポーツセンター にて

第6節 VS 新潟医療福祉大学 が行われましたが、0-1で敗戦となりました。

新潟は第2節で対戦時、1-1で引き分けに終わっている相手です。

リーグは今節から2順目となり、互いに相手チームの特徴をわかっているうえでの試合となりました。

前半は、両チームリズムがうまく作れず、落ち着かないゲーム展開が続きます。

後半に入っても両チーム決定機がなかなか生まれない中、最初に得点が動いたのは後半30分、

新潟が枚数をかけゴール前まで攻めて込んできたところで1度はボールを奪い返すも、こぼれたボールが再び相手に渡り、ミドルシュートを放たれ失点・・・。先制を許します。

失点後、シルフィードは焦りからかボールがうまく回らず相手陣地までなかなか侵入できません。対する新潟は得点後の勢いを持ったまま、さらに猛攻を仕掛けてきます。

追いつきたいシルフィードと逃げ切りたい新潟は、互いに一歩も譲らず激しい攻防戦となりますが、両チーム得点には至らず0-1で試合終了。

またしても勝ち点3を逃してしまう苦しい結果となりました。

第6節を終え、現在シルフィードは4位につけています。他チームの試合結果によっても順位は前後しますが、まずはシルフィードが勝って、勝ち点を積み重ねなければ、上位に浮上することは出来ません。

私たちの掲げている目標は、残留でも上位リーグにいることでもなく、リーグ優勝、そして2部昇格です。

目標をただの目標で終わらせないためにも、まだ半分残されている試合をチーム全員で勝ち抜き、いい報告ができるよう頑張りますので、応援よろしくお願いします。

次節は、

5月20日(日) 13:00 大和なでしこスタジアム にて

VS FC十文字VENTUS となります。

ホームでの試合となりますので、是非会場で熱い応援をよろしくお願いします!

ニュース画像1
ニュース画像2

2018.05.07

GW3連戦、2勝1分・・・

53 (祝・木) 13:00

大和なでしこスタジアムにて

VS 常盤木学園高校 が行われ、3-1で勝利しました!

常盤木学園高校は、なでしこジャパンや1部リーグなどで活躍する選手を数多く輩出している女子サッカー界の名門校であり、高校生ながらチャレンジリーグに所属しているレベルの高いチームです。(シルフィードにも現在5人の卒業生がいます!)

試合が動いたのは前半25分、#17西山が最終ラインから相手ゴール前に入れたボールを相手DFがクリアミスし、これに反応した#28村山がゴールに流し込み得点。1-0と先制します!

勢いづいたシルフィードは続く前半29分、

#11堀がドリブルでゴール前まで侵入したところを一度はDFに奪われるも、#15松浦がこぼれ玉を拾いキーパーを外した位置に流し込み得点!2-0とリードします。

常盤木は豊富な運動量で人数をかけて攻め込んできますが、DF陣が体を張って守りぬき、2-0で前半を折り返します。

後半36分、スローインからペナルティエリアに侵入したところで#20阿部が倒されPKを獲得。これを#11堀がきっちり決め3-0となります。

しかし後半40分、相手にFKを与えてしまい、これを直接決められ失点。3-1となります。

そのままスコアは動かず3-1で試合終了。失点を許してしまったものの、勝ち点3を重ねることが出来ました。

56 () 13:00 セキショウチャレンジスタジアム にて

5 VS つくばFCレディース が行われましたが、1-1の引き分けとなりました。

得点が動いたのは前半35分、右サイド#3菅からのクロスに#28村山が合わせ得点!1-0となります。

ボール支配率はシルフィードが上回っていながら得点までは遠く、そのまま前半を折り返します

攻防戦が続く中、後半28分、左サイドでフリーキックを与えてしまい失点。1-1と振り出しに戻ります。

失点後、つくばの勢いに押される場面もありましたが、シルフィードもボールを奪うと相手ゴール前まで攻め込みます。

しかし、互いに得点を挙げることができず1-1で試合終了。GW最終戦で勝ち点3を逃してしまいました。

また、今節でEASTリーグ全チームとの対戦を終えました。各チームの特徴や自分たちに足りないものをここでしっかりと確認し、チームとしても成長しながら残り2クールを戦っていきたいと思いますので、引き続き熱い応援をよろしくお願いします。

次節は、

513() 11:00

新潟聖籠スポーツセンター Dピッチ にて

VS 新潟医療福祉大学 となります。

アウェイでの試合となりますが、応援よろしくお願いします!!


ニュース画像1
ニュース画像2

2018.05.01

今季初勝利!!!

4月29日 (日) 1 3:00 大和なでしこスタジアム にて

VS FC十文字VENTUS が行われ、3-1で勝利しました!

十文字は個々の技術が高く、連携した動きとパスワークで仕掛けてくるチームで、昨年は同所属のEASTリーグで優勝している相手でした。

今回も試合時は気温が高く、日差しが強い中での試合となりました。

前半21分、相手CKからヘディングで合わせられ失点。0-1と先制を許します。

しかし、失点から約3分後の前半24分、右サイドの崩しから#28村山がクロスをあげると#15 松浦が頭で合わせ得点!!1-1と振り出しに戻します。

さらに前半38分、右サイド#3菅から上がったクロスを、新加入#8 大家が中に折り返すと、#13 榎谷がシュートを放ち、一度はバーに阻まれますが、このこぼれ玉を新加入#7永松がダイレクトで合わせ得点!!!2-1と逆転します!

何度か攻め込まれて危ない場面もあったものの、どうにか守りぬいて前半を2-1で折り返します。

後半も、ボールを奪うと積極的に仕掛けて相手陣地へ攻め込みます。

対する十文字も得意とするパスワークで攻め込んできます。

そんな中得点が動いたのは後半27分、

左サイドから#6大家がクロスをあげると、一度はキーパーに恥かれますが、こぼれ玉に反応した#15松浦がしっかりと決めきり3点目!!3-1とさらに点差を広げます。

勝ちきりたいシルフィードは、

後半36分、#3菅に替え、#6左子、41分に、#28村山に替え、#25大関、45分には堀に替え、#24間明、#7永松に替え、#20阿部を投入します。

最後まで総力戦で戦い抜き、3-1で試合終了!!

欲しかった勝ち点3をやっと手にすることができました!!

勝てたことはもちろん嬉しいですが、やっと一勝できただけなので、ここから勝ち点を積み重ねていけるよう、チームで頑張っていきたいと思います。

そして、今回も応援に足を運んでくださった方々、本当にありがとうございました!

毎回、来てくださった方と写真を撮ってこのページに!!と思うのですがいつも忘れてしまいます・・・すみません。

今度は是非写真を撮りたいと思っていますので、ご協力お願いします(^^)

また、GW中は連戦となり、3日と6日にも試合が行われます。下記の詳細をご確認ください。

5月3日 (祝・木) 13:00 大和なでしこスタジアム にて

第4節 VS 常盤木学園高校

5月6日 (日) 13:00 セキショウチャレンジスタジアム にて

第5節 VS つくばFCレディース  となります。

3日がホーム、6日がアウェイでの試合となります。勝ちきれるよう頑張りますので、応援よろしくお願いします!!

ニュース画像1
ニュース画像2

2018.04.16

開幕戦、敗戦・・・

4月15日 (日) 11:00 大和なでしこスタジアム にて

VS ノルディーア北海道 が行われましたが、1-3の敗戦となりました。

試合当日は、朝から雨風ともに強く天候が心配されましたが、試合開始時には雨も止み、予定通りの開始となりました。

リーグ初戦ということもあり、緊張やプレッシャー等もある中で、両チーム互いにプレーが安定するまでに時間を要することはわかっていたので、まずは先制点を挙げて流れを引き寄せることが鍵となる試合でした。

前半15分、左サイドから 新加入 #8 大家がセンターリングをあげ、#28 村山がヘディングで競ったところを#15 松浦が拾い、体制を崩しながらもゴールに流し込みシルフィードが先制します!

この先制点により、前半はシルフィードがペースを掴み、攻め込む場面が増えましたが、得点には至らず、そのまま1-0で前半を折り返します。

後半に入り、そのままの勢いでさらに追加点を奪いたいシルフィードでしたが、

後半15分、左サイドからのセンターリングがバーに当たり、こぼれたところを詰め込まれ失点。1-1と振り出しに戻ります。

どちらが先に追加点を奪うかで試合運びががらりと変わる中、

後半26分、相手コーナーキックからヘディングで合わされ、再び失点。1-2と逆転を許します。

追いつきたいシルフィードは、

後半34分、#28 村山に替え、#24 間明(センター勤務)、39分には新加入 #7 永松に替え、#20 阿部を投入し、攻撃に厚みをかけます。

しかし、失点以降ノルディーアペースからシルフィードペースになかなか戻すことが出来ず、苦しい時間帯が続き、

後半43分、中央でボールを奪われ、うまく抜け出した相手にボールがわたり、そのまま冷静に決められ、失点。1-3とさらに勝ち越されてしまいます。

最後まで諦めずに戦いましたが、そのまま試合終了。

1-3で悔しい逆転負けとなりました。

敗戦からのスタートとなってしまいましたが、まだまだリーグは始まったばかりなので、この試合で出た課題を修正し、次節は勝ちきれるようチーム全員で頑張ります。

また、今節はホーム大和市で行われる最初の試合ということもあり、総務の方々が応援企画をしてくださいました!

吉田社長をはじめ、たくさんの方が会場に足を運んでくださいました。せっかくお越し頂いたにも関わらず、開幕を勝利で飾ることが出来ず申し訳ない気持ちでいっぱいです。

ですが、先ほども書きましたように、まだまだリーグは始まったばかりなので、ここから挽回できるよう頑張ります。

応援に来てくださった皆様、お忙しい中、本当にありがとうございました!引き続き熱い応援をよろしくお願いいたします。

次節は、

4月22日 (日) 11:00

新潟聖籠スポーツセンター (Dピッチ) にて

VS 新潟医療福祉大学 と対戦します。

アウェイでの試合となりますが、勝ち点3を持ち帰れるよう、いい準備をしたいと思います!離れた場所からでも、応援よろしくお願いいたします!!

ニュース画像1
ニュース画像2

2018.04.03

ご報告

4月1日より、シルフィードから新たに #24 間明 理沙子(まみょう りさこ) が

神奈川技術センターにて、勤務させていただくことになりました!

ポジションはFW(フォワード)で、どこからでもシュートを打てる攻撃的な選手です!

センターでの配属は、マイラーチームになります!

持ち前の明るさで一生懸命頑張りますので、これからどうぞよろしくお願いいたします!!

また、#9 内藤 (神奈川技術センター勤務) が退職及びシルフィードを退団して、新天地での活動をすることになりました。

今までたくさんの応援をしていただき、ありがとうございました。

そして!開幕まであと12日、、、いよいよ2018シーズンの幕開けです!

開幕戦は、4月15日 (日) 11:00 大和なでしこスタジアムにて、

VS ノルディーア北海道 となります。

ホームでの試合は、開幕戦を含め8試合行われますので、是非会場での熱い応援をよろしくお願いいたします!!

ニュース画像1
ニュース画像2

2018.02.07

2018年 始動しました!

今シーズンの開幕戦の日程が決まりましたので、お知らせ致します。

4月15日 (日) 11:00 大和なでしこスタジアム にて

開幕戦 VS ノルディーア北海道 が行われます。

今季の開幕戦もホームで戦えることになりましたので、ぜひ大和なでしこスタジアムに足を運んでいただき、熱いご声援をよろしくお願いします!!

そして、今年も試合結果を随時更新しますので、ぜひご覧ください!!

※今シーズンの全試合日程は、シルフィードのホームページまたはなでしこリーグ公式ページに掲載されています。

ニュース画像1

2017.11.09

皇后杯敗退。2017シーズン終了。

【第39回 皇后杯全日本女子サッカー選手権大会】が開幕し、

10月28日 (土) 14:00 藤枝総合運動公園陸上競技場にて、

VS JFAアカデミー福島 が行われましたが、

シルフィードは1-2の敗戦となりました。

試合は、台風の影響もあり雨の中行われました。

開始から互いに譲らず攻防戦が続きましたが、

前半43分、相手GKのロングスローからカウンターを受け、右サイドからのクロスにGK#1小林が反応するも、こぼれ球を押し込まれ失点。0-1と先制を許します。

しかし、その2分後の前半45分には、細かいパスワークで中央を打開し、裏へのラストパスへ抜け出した#7山崎が冷静に流し込み得点。1-1となります。

そのまま1-1で前半を折り返します。

後半も接戦となりましたが、後半35分、サイドからのクロスをDFがクリアするも、ゴール前でこぼれ球を拾われ、冷静に決められて失点。1-2と勝ち越されます。

そのまま得点は動かず、1-2で試合終了となりました。

今大会はノックアウト方式のため、シルフィードの2017シーズンの公式戦は、これにてすべて終了致しました。

シーズン通してたくさんのご声援をいただき、ありがとうございました。

トレーニング及びトレーニングマッチは年末まで続きますので、来年また良いスタートが切れるよう、トレーニングに励みたいと思います。

来シーズンもチャレンジリーグでの戦いになりますが、変わらぬご声援をお願い致します。

なお、2018シーズンのチャレンジリーグ所属チームは、公式に発表されましたら更新させて頂きます。

今後とも、大和シルフィードをよろしくお願い致します。

ニュース画像1
ニュース画像2

2017.10.12

皇后杯 組み合わせ決定!!

10月28日より開幕する【第39回 皇后杯全日本女子サッカー選手権大会】の組み合わせが発表されました。

今大会はノックアウト方式のため負けたら終わってしまいますが、勝ち進めば普段は対戦することがない1部リーグのチームとも対戦できます。

シルフィードの初戦は、

10月28日 (土) 14:00 藤枝総合運動公園陸上競技場にて、

VS JFAアカデミー福島 となります。

JFAアカデミー福島は、日本サッカー協会(JFA)が中学・高校の6年間を対象としたエリート教育機関であり、現在はチャレンジリーグWESTに所属しています。

アカデミーとは同じカテゴリーに所属してはいますが、直接対決をしたことはありません。しかし、日頃からトップレベルの指導者の下トレーニングを積んでおり、個人技・組織力共に優れているチームなので、大会までの残された時間で少しでも成長し、勝ちきれるように取り組んでいきたいと思います。

皇后杯では大和市で行われる試合はありませんが、唯一カテゴリーの隔てがなく、国内の女子サッカーで一番大きな大会となりますので、是非、ご声援よろしくお願い致します。

※なお、トーナメント表はJFAのホームページに掲載されています。

ニュース画像1
ニュース画像2

2017.09.25

皇后杯関東予選 結果

923日(土)1300 大和ゆとりの森大規模多目的スポーツ広場 にて

皇后杯関東予選 第3節 VS ジェフレディースU-18 が行われ、2-1で勝利しました。

当日は明け方まで雨が降っていましたが、試合前には雨もあがり、風が吹く肌寒い中での試合となりました。


開始2分、ペナルティエリア内でボールを受けた#28村山が、#11堀にパスを繋ぎ、GKの頭上を越えるシュートで得点!1-0となります。

勢いに乗ったシルフィードは前半11分、#2伊藤のコーナーキックからゴール前で混戦となり、#8三堀が流し込み再び得点!2-0となります。

後半は、激しい攻防戦が続く中シルフィードは得点が奪えず、終了間際には失点を許してしまい、2-1で試合終了となりました。

この試合で勝利したことにより『関東ベスト4』が決定した為、1028日から始まる皇后杯本戦への出場が決まりました。

23日で本戦への出場権は獲得しましたが、翌日には準決勝が行われました。

924日(日)1330 大和ゆとりの森大規模多目的スポーツ広場 にて

皇后杯関東予選 準決勝 VS 日テレ・メニーナ が行われましたが、

40分ハーフが終了して0-0だった為、10分ハーフの延長戦が行われ、それでも得点が動かずPK戦へと縺れ込んだ末、3-4での敗戦となりました。

今大会では3位決定戦が行われない為、シルフィードは皇后杯関東予選を第3位で終了致しました。

同じくトーナメントの逆山の準決勝で早稲田大学に敗れた東洋大学が同率の3位となりましたが、日テレ・メニーナ VS 早稲田大学の決勝戦で、優勝したチームに準決勝で敗れたチームが関東第3代表となり、準優勝したチームに準決勝で敗れたチームが関東第4代表として皇后杯本戦へ出場することになります。

皇后杯本戦は1028日から始まりますが、初戦から各地域で勝ち上がってきた強豪チームとの対戦となります。

また、トーナメント方式の為負けたら終わってしまいますが、勝ち上がればなでしこ1・2部リーグに所属するチームとも対戦が出来る大きな大会なので、1試合でも多くこのチームで勝ち上がって、今年のメンバーで少しでも長く試合が出来るように、今日からまた1ヶ月間いい準備をしていきたいと思います。

皇后杯本戦の日程につきましては、決まり次第更新します。

引き続き応援よろしくお願いします!

ニュース画像1
ニュース画像2

2017.09.19

プレーオフ第3節、皇后杯関東予選第2節 結果。

917日(日)11:00 大和なでしこスタジアムにて

プレーオフ第3節 VS 静岡産業大学磐田ボニータ が行われましたが、1-2の敗戦となりました。

試合当日は台風の影響もあり、雨の中での試合となりました。

開始3分、左サイドからパスワークで崩され、ゴール前に走り込んだ相手に流し込まれ失点。0-1となります。

それでもシルフィードは前半終了間際にFKから、#23岡森が直接決め1-1に追い付きます。

しかし後半11分、左コーナーキックからヘディングで合わされ再び失点。1-2となります。

最後まで得点を奪うため走り続けましたが、そのまま試合終了となりました。

この試合をもってプレーオフの3試合が終了し、シルフィードの2017シーズンのリーグの日程が全て終了致しました。

シルフィードの最終順位は、17日に台風で延期になってしまった【バニーズ京都SC VS FC十文字VENTUS】の結果次第で、3位または4位が決定しますが、いずれにしても2部昇格のチャンスは無くなってしまった為、2017シーズンも、来期のチャレンジリーグ残留という結果となりました。

「今年こそ・・・」と毎年挑んでいますが、2部への壁は想像以上に高く、今シーズンも悔しい結果となってしまいました。

シーズン通してたくさんのご声援を頂き、何度も救われ、前を向き、戦い切ることが出来たことに、本当に感謝しています。

結果という形で恩返し出来ないことに、悔しさや込み上げるものがありますが、必ず結果でお返しするために、ここで諦めずにまたいいスタートを切れるよう準備をしていきたいと思います。

また、18日には皇后杯関東予選

第2節 VS 神奈川大学Fortuna2016 が行われ、4-1で勝利しました。

当日は、前日の天候とはうって変わって快晴の中での試合となりました。連戦に加え、前日との気温差が+10度以上もありましたが、この試合を落とすと今シーズンの大会がすべて終了してしまうため、総力戦で挑みました。

前半25分、#15松浦が左サイドからミドルシュートを放ち、相手GKの頭上を越え先制!1-0となります。

後半21分には、#7山崎がこぼれ球に反応してミドルシュートを放ち得点!2-0となります。

後半27分、相手FKからゴール前での混戦となり、押し込まれ失点。2-1となります。

しかし3分後には、コーナーキックを#7山崎がヘディングで合わせ得点!3-1と再び点差を広げます。

さらに試合終了間際には、右サイドを突破した#19山本のセンターリングに、#14米田が合わせ得点!ダメ押しの4点目が決まり、4-1で試合終了となりました。

今節に勝利したため、今週末も試合が行われます。

次節は、

923 () 13:00 大和ゆとりの森大規模多目的スポーツ広場にて 

皇后杯第3節 VS ジェフレディースU-18 となります。

この試合に勝利すると7位以上が確定するため、皇后杯本戦への出場が決まります。ジェフレディースU-18は、現在なでしこリーグ1部に所属するジェフレディースの下部組織のため力のあるチームですが、本戦出場を決められるようチーム一丸となって戦います。

大和市内での試合となりますので、是非会場でのご声援をよろしくお願いします。

ニュース画像1
ニュース画像2

2017.09.12

プレーオフ 第2節 引き分け。

9月10日 (土) 15:00 十文字学園女子大学女子大学サッカーグラウンドにて

プレーオフ第2節 VS  FC十文字VENTUS が行われましたが、0-0の引き分けとなりました。

選手たちは当日のバス移動で会場に向かいました。

十文字とは同じEASTリーグにてすでに3回対戦しており、互いにチームの特徴を分かりあっている中での試合となりました。

試合は、シルフィードのキックオフで始まりました。

シルフィードは開始から果敢にゴール前に攻め込み何度かシュートを放ちますが、バーに阻まれ得点になりません。

対する十文字もチャンスがあれば遠目からでもシュートを放ってきてシルフィードゴールを脅かします。

立ち上がりから両者一歩も譲らず激しい攻防戦が続き、前半得点は動かず0-0で折り返します。

両チームともにプレーオフ初戦を黒星でスタートしているため、この試合を何としても勝たなければいけない状況の中、後半を迎えます。

後半になると激しい攻防戦はさらにヒートアップし、体を張ったプレーによって互いに直接フリーキックの回数も増えます。

一進一退の戦いが続き、お互い決定機を作り出しますが、堅い守備に阻まれ得点に至りません。

さらに、両チーム流れを変えるため交替カードを切るも、それでも得点は動かず0-0のまま試合終了となりました。

現時点で、シルフィードと十文字は互いに1敗1分の戦績で勝ち点では並んでいますが、得失点差でシルフィードが上回っているため、現在シルフィードは3位につけています。

シルフィードは、次節の静岡産業大学磐田ボニータ戦に勝つことが絶対条件であり、さらにバニーズVS十文字戦でバニーズが引き分け以下になった場合2位となり入替戦出場権を得ることができます。

尚且つ、勝ち点が並んだ場合には得失点も関係してくるので、得点数及び失点数も大きく関与してきます。そのため、まず勝利したうえで、なるべく多く得点を挙げ、失点を防ぐことが重要となります。

自分たちの試合結果だけでなく、他チームの試合結果により最後までわからないという苦しい状況となりましたが、先ずは、シルフィードが勝利しないことには昇格の可能性が断たれてしまうので、目の前の試合に勝つことだけを考えてこの1週間取り組んでいきたいと思います。

次節は、

9月17日(日)11:00

大和なでしこスタジアムにて

プレーオフ第3節 VS 静岡産業大学磐田ボニータ が行われます。

ホームでの試合となり、そして、昇格をかけた最後の大事な一戦となりますので、是非会場で熱いご声援をよろしくお願い致します!!

ニュース画像1
ニュース画像2

2017.09.05

皇后杯 関東地区予選の組合せ決定!!

1028日より開幕する※【第39回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会】の関東代表チームを決める関東地区予選が916日より開幕します!

シルフィードの初戦は2回戦からとなり、

918(月・祝)  12:30 大和ゆとりの森大規模多目的スポーツ広場にて、

神奈川大学Fortuna2016 VS 東京国際大学 の勝者との対戦となります。

昨年は関東予選で敗退し本戦への出場を逃してしまっているので、今年こそは本戦へ出場できるよう、プレーオフとの連戦にはなりますが、総力戦で戦っていきたいと思います!!

また、大和での試合となりますので、ぜひ会場でのご声援をよろしくお願いします(..)_

※中学生以上の女子選手により編成された、クラブチーム、大学、高校などのチームが参加し、トーナメント方式により優勝をめざすもので、男子の天皇杯全日本サッカー選手権大会に相当する。

ニュース画像1
ニュース画像2

2017.09.04

プレーオフ 第1節 敗戦。

9月2日 (土) 15:00 京都府立山城総合運動公園陸上競技場(太陽が丘)にて

プレーオフ第1節 VS バニーズ京都SC が行われましたが、2-3の敗戦となりました。

試合当日は天候に恵まれ、気温は26.8℃、湿度も48%と、プレーしやすい気候でしたが、風が少し強く吹いていたため、ボールの動きが気になる中での試合となりました。

バニーズはWESTリーグにてリーグ戦を行ってきましたが、勝ち点は2位と10点差をつけての単独1位と実力のあるチームで、シルフィードとは今シーズン初めての対戦でした。

試合は、バニーズのキックオフで始まりました。

バニーズは個々の技術がとても高いうえに組織力もあるチームで、連動した動きとパスワークでシルフィード陣地に攻め込んできます。

得点が動いたのは開始早々でした。

前半5分、キーパーからのパントキックを中央付近で#8に奪われると、そのままロングシュートを打たれます。かなり距離のある位置からのロングシュートでしたが、風の影響もありシュートはそのままゴールへ。0-1となります。

そして前半35分再び失点を許してしまいます。

#20が左サイドからゴール前へ精度の高いクロスを上げると、そこに走り込んできた#18にダイレクトで合わされ失点。0-2となります。

そのまま前半が終了し後半に入ります。

後半16分には、#10から裏でボールを受けた#13にDFが対応するも隙を見てミドルシュートを打たれ失点。さらに追加点を許し0-3となります。

しかしシルフィードも後半24分、#7山崎がゴール前へボールを蹴り込んだところに#13榎谷が抜け出し、頭で合わせ得点。1点を返し、1-3となります。

さらに後半42分、#10石渕からのロングボールを右サイドで受けた#8三堀が相手に囲まれながらもゴール前へボールを送ると、そこへ走り込んでいた#28村山が押し込み得点!2-3となります。

最後まで諦めず相手ゴール前まで迫るも得点には至らず、惜しくも2-3での敗戦となりました。

黒星発進になってしまいましたが、昇格の可能性はまだあるので、残りの試合に向けてまた一週間いい準備をしていきます。

次節は、

9月10日(日)15:00

十文字学園女子大学サッカーグラウンド にて

プレーオフ第2節 VS FC十文字VENTUS が行われます。

アウェイでの試合となりますが、大切な一戦となりますので、熱いご声援をよろしくお願い致します!!

ニュース画像1
ニュース画像2

2017.07.28

プレーオフ 日程決定!!

リーグ戦全15節が終了し、※『2017プレナスチャレンジリーグ プレーオフ順位決定戦』の日程が決定致しましたのでご連絡させて頂きます。

シルフィードの日程は以下の通りです。

第1節 9月2日 (土) 15:00 VS バニーズ京都SC

会場:京都府立山城総合運動公園陸上競技場(太陽が丘)

第2節 9月10日 (日) 15:00 VS FC十文字VENTUS

会場:十文字学園女子大学サッカーグラウンド

第3節 9月17日 (日) 11:00 VS 静岡産業大学磐田ボニータ

会場:大和なでしこスタジアム

※チャレンジリーグには全12チーム所属しており、「EAST」および「WEST」の各6チームに分かれ、それぞれ全15節のリーグ戦を行いました。

全日程(15節)終了後、「EAST」および「WEST」の1位と2位、3位と4位、5位と6位が3グループに分かれ、各グループ4チームにて、総当り1回戦のリーグ戦を行い、1位~12位まで順位を決定いたします。

シルフィードはEASTで2位となりましたので、1位~4位決定戦への出場となり、このプレーオフで

「1位になれば、なでしこリーグ2部へ自動昇格」

「2位になれば、なでしこリーグ2部の下から2番目のチームと入替戦」

「3・4位は、チャレンジリーグ残留」

となります。

昨年はこのプレーオフで2位になり入替戦まで出場したものの、2部との差は大きく、昇格が叶いませんでした。

昨年の悔しい思いを胸に、9月までの残された時間で少しでも成長出来るよう、トレーニングに励みたいと思います。

大和で行われるホーム戦は、最終節の9月17日 (日) VS 静産大 の1節のみとなりますが、1試合がとても大事な試合となりますので、たくさんの方々のご声援を頂けることを願っています。

是非、会場でのご声援をよろしくお願い致します!!!

尚、詳細につきましては、なでしこリーグのホームページや、大和シルフィードのホームページにも掲載されていますので、そちらもご確認ください。

ニュース画像1
ニュース画像2

2017.07.25

リーグ最終節 0-1で敗戦。

7月23日 (日) 11:00 セキショウチャレンジスタジアム にて

第15節 VS つくばFCレディース が行われましたが、0-1の敗戦となりました。

シルフィードは、今節つくばに2点差以上で勝利すればEAST優勝ができるという、優勝をかけた最終戦となりました。

対するつくばは、ホームでシルフィードに優勝を決めさせたくないという思いと、今年のリーグ開幕から今節まで1勝もしておらず、最終戦での1勝に懸けた思いを全て出して戦ってきました。

試合当日はくもり空でしたが、アップ終了時に雨が降り出し、前半は雨の中での試合となりました。

試合は相手のキックオフで始まりました。

つくばは立ち上がりから積極的な攻撃で仕掛けてきます。それに対するシルフィードの粘り強い守備により、早々に相手にFKとCKを立て続けに与えしまいます。しかし、立ち上がりの失点だけは避けたいシルフィードは、枚数をかけて対応し守り抜きます。そして、ボールを奪いカウンター攻撃を仕掛けると、今度はシルフィードが右サイドの相手ペナルティエリア付近でFKを獲得します。このFKのキッカーを#11堀が務め、直接ゴールを狙いに行くもクロスバーに阻まれ得点には至りません。

対するつくばは、スピードが持ち味の#18を目掛け何度もロングボールを蹴り込んできます。しかし、雨の影響でピッチ状況が悪くうまくボールが繋がりません。

互いに先制点を奪いに果敢に攻め込もうとするも、厳しいプレスの掛け合いでなかなかシュートまで持ち込めません。

前半は五分五分の試合展開となり、得点は動かず0-0で前半を折り返します。

後半は、開始早々シルフィードがCKを得ますが、ゴール前での混戦を決めきれず得点には至りません。

前線からの守備でボールを奪い攻撃に厚みをかけるため、#8三堀に替え、#14米田が入ります。その後もゴール前まで迫りシュートを放ちますが、相手DF陣とGKの体を張った守備に阻まれます。

そんな中、先制点を挙げたのはつくばでした。

後半18分、中盤で#10がボールを納めると右サイドにスルーパスを送り、抜け出した#18がボールを受けてシュートを放ち、GKが触るも弾ききれず失点。0-1となります。

失点を許してしまい、シルフィードが優勝するためには3点取らなければいけない厳しい状況となりました。それでもシルフィードはまず1点を返すために、攻撃の手を緩めず積極的にシュートを放っていきます。しかし、つくばも今季初勝利がかかっているため、1点を守る為に早いプレスで攻撃を阻止し、さらに先制点を挙げたことで攻撃にも勢いが増します。

このまま優勝を逃すわけにはいかないシルフィードは、#11堀に替わり、得点力のある#10石渕が入ります。さらに、#28村山に替わり、ミドルシュートが持ち味の#6松山が入ります。シュートの本数が増え得点になりそうになるも、クロスバーに阻まれなかなか同点に追いつけません。

残り時間も少なくなり、負けられないシルフィードは#2伊藤に替え、#9内藤が入ります。守備にリスクを負ってでもDFラインからの攻撃参加で得点を狙いに行きます。

しかし、最後まで得点を奪うことは出来ず、0-1で試合終了。

最終節を勝利で終わることが出来ず、優勝も逃してしまう結果となりました。

プレーオフにはEAST2位での出場となり、全3戦中アウェイでの試合が2試合、ホームでの試合が1試合となりました。

第1節 9月3日 (日) 京都府にて VS バニーズ京都SC

第2節 9月9日 (土) 東京都にて VS FC十文字VENTUS

第3節 9月17日 (日) 大和なでしこスタジアムにて VS 静岡産業大学

以上が、確定している日程となります。

試合開始時間や会場の詳細につきましては、7月27日 (木) 18時頃に発表となりますので、また改めて更新させて頂きます。

昇格を勝ち取れるよう、プレーオフまでに1つでも課題を修正し、いい準備をしていきたいと思います。

また、9月には皇后杯の予選も始まりますが、昨年は本戦出場を逃してしまったので、今年こそ出場出来るように頑張りたいと思います。

今シーズンはまだまだ続きますので、変わらぬご声援をよろしくお願いします!!

ニュース画像1
ニュース画像2

2017.07.19

第14節 ホーム最終戦 首位十文字に引き分け。

7月16日 (日) 11:00 大和なでしこスタジアム にて

第14節 VS FC十文字VENTUS が行われ、1-1の引き分けとなりました。

試合当日は風もほとんどなく、気温は36.6℃という厳しい暑さの中での一戦となりました。

十文字はリーグ序盤から首位を走り続けており、今節シルフィードが勝利すると勝ち点差で並ぶことができるため、優勝する為に何としてでも勝ち切りたい直接対決でした。

試合は十文字のキックオフで始まりました。

立ち上がりから互いにチャンスをつくりだそうとしますが、思うようにパスが回らずどちらもリズムが作れません。そんな中、ファーストシュートをシルフィードが放ちますが、相手GKに阻まれ得点には至りません。対する十文字は中盤で溜めを作ると、サイドから上がってきた味方にボールをつけ、そこからゴール前へ蹴り込まれるクロスに対して枚数をかけて攻め込んできます。

そして前半26分、十文字に先制点を許してしまいます。

シルフィードが枚数をかけて攻め込んだところでボールを奪われ、相手がカウンター攻撃でロングボールを蹴り込んできます。そのボールをDFがヘディングでクリアするも、クリアボールを相手FWに拾われ、GKとの1対1を確実に決められて失点。0-1となります。

ここから十文字のペースとなり、シルフィードは苦しい試合展開となりますが、それでも枚数をかけてボールを奪うと積極的にゴール前まで仕掛けます。しかし、相手の守備も堅くなかなか得点を奪う事ができません。

そのまま0-1で前半を折り返します。

後半は、立ち上がりから勢いを持って相手陣内へ迫り、シルフィードが流れを引き寄せます。

そして後半10分、シルフィードの同点ゴールが決まります。

左サイドでボールを受けた#2伊藤からのクロスボールを、ゴール前へ走り込んだ#7山崎が頭で合わせ得点!! 1-1となります。

同点に追いついたシルフィードは、さらに追加点を奪うため、#8三堀に変わり、#14米田を投入。対する十文字も追加点を奪うため、隙があれば果敢にシュートを放ってきますが、GK#1小林のファインセーブにより失点を免れます。

首位対決ということもあり、両者一歩も譲らない五分五分の時間が続きます。勝敗を決める次の一点を先に奪いたいシルフィードは、#3菅に替え、#6松山を投入します。激しい攻防戦に加え、厳しい暑さで足がとまり始めたシルフィードは、総力戦で得点を奪いに行くために交替カードを切ります。#13榎谷に替え、#26西野、#2伊藤に替え、#9内藤、#15松浦に替え、#10石渕を投入します。

最後まで得点を奪いに行くも得点は動かず1-1の引き分けで試合終了。十文字との差は変わらず、優勝は最終戦の結果次第となりました。

シルフィードが優勝するには厳しい条件となりましたが、最終節を勝って終われるように頑張りたいと思います。

また、今回のホーム最終戦もたくさんの方に応援に来ていただきました。暑い中応援ありがとうございました!

次節は、

7月23日(日)11:00

セキショウチャレンジスタジアム にて

第15節 VS つくばFCレディース が行われます。

アウェイでのリーグ最終戦になりますが、いい報告が出来るよう頑張りますので応援よろしくお願いします!!

ニュース画像1
ニュース画像2

2017.07.10

第13節 勝利!! プレーオフ進出決定!!

7月9日 (日) 14:00 みやぎ生協めぐみ野サッカー場Aグラウンド にて

第13節 VS 常盤木学園高校 が行われ、3-2で勝利しました!

またシルフィードは今節の勝利によって、チャレンジリーグEASTの2位以上が確定し、2部リーグ昇格をかけたプレーオフへの進出が確定しました!!

選手たちは7時間のバス移動で、前日に宮城県に入りました。試合当日は晴天で、風も少なく厳しい暑さの中での試合となりました。

常盤木とは今シーズン1敗1分という戦績であり、全国トップクラスの高校生とは言え、常盤木出身者も多いシルフィードはこのまま負けて終わるわけにはいかないと強い気持ちで臨んだ一戦でした。

試合は、常盤木のキックオフで始まりました。

常盤木はチャレンジリーグEASTで現在得点ランキング1位の#8と、スピードのある#9、またユース年代の代表にも選出されている#7を中心に、高い個人技と豊富な運動量で、立ち上がりから高校生らしく勢いのある攻撃を仕掛けてきます。

シルフィードは、勢いで攻め込んでくる相手に対し枚数をかけてボールを奪いカウンター攻撃を仕掛けようとするも、相手の戻りが早い為なかなかゴール前までボールを運べません。

そんな中、前半13分に常盤木に先制点を許します。

中盤でボールを受けた#8がドリブルで仕掛けシルフィードの選手を引き寄せると、右サイドに駆け上がった#15へパスを繋ぎ、ゴール前へ上がったクロスに逆サイドから走り込んだ#11が頭で合わせ常盤木先制。0-1となります。

早い時間で相手に先制点を許してしまいましたが、シルフィードは失点を引きずることなく、流れを立て直して得点を奪いに行きます。

そして前半31分に同点ゴールが決まります。

右サイドからのスローインを相手DFがゴール前にクリアミスし、そのクリアボールを#13榎谷がボレーで合わせ得点!! 1-1の同点に追い付きます。

しかし常盤木は勢いを落とさず、追加点を奪いにさらに運動量を上げて仕掛けてきます。

そして7分後の前半38分、再び常盤木に得点を許してしまいます。

相手のCKから、ゴール前へ走り込んできた#5に頭で合わせられ失点。1-2と又しても常盤木にリードされます。失点こそ許してしまっているものの、シルフィードもチャンスを作り出せているため、前線の選手を中心に追加点を奪いに攻め続けます。

そして2分後の前半40分、再び同点ゴールが決まります!!

中盤でボールを受けた#15松浦が一瞬の隙をつきミドルシュートを放つと、ボールは見事な軌道を描き、遅れずに反応したGKも触ることが出来ずゴールネットを揺らし得点!! 再び2-2の同点となります。

このまま得点は動かず、前半を2-2で折り返します。

14時キックオフということで、暑さにより体力の消耗が激しい中、日ごろから昼間に練習を行っている高校生は日差しの暑さにも強く、シルフィードは後半戦の体力勝負となりました。互いに勝ちきる為には後半の先制点が重要になります。

交代なしで後半が始まりました。

後半は先制点を奪う為、立ち上がりから積極的にシュートを放ちます。そして後半8分、ついにシルフィードに勝ち越しゴールが生まれます!!

#15松浦の左サイドからのクロスを、ゴール前に走り込んだ#8三堀がボレーで合わせ得点!! 3-2と勝ち越します。

リードしたシルフィードは、勝ちきる為にその後も再三ゴール前まで攻め込みチャンスを作り出します。対する常盤木も、この試合に負けてしまうとプレーオフ出場がなくなってしまう為、エースの#10を投入しさらに攻撃に勢いをつけて攻め込んできます。その後も攻防戦が続きますが、なかなか得点は動きません。

流れを変えるため、#28村山に替わり、#6松山が入ります。続けて、#3菅に替わり、#14米田が入ります。

試合終盤になっても運動量を落とさずにハードワークを続けてくる常盤木に対し、シルフィードも体を張ってボールを奪い、高い位置にボールを送ります。得点を狙いながらも確実に守り抜くため、#23岡森に替え、#30田中が入ります。

そのまま得点は動かず、3-2で試合終了。

アウェイにもかかわらず、たくさんのご声援を頂きありがとうございました!!

次節は、

7月16日 (日) 11:00 大和なでしこスタジアム にて

第14節 VS FC十文字VENTUS が行われます。

今節はリーグ優勝を懸けた大きな一戦であり、また、ホーム最終戦でもあります。

当日は豪華景品が当たる抽選会や、先着500名にオレンジタオルのプレゼントなどもあります\(^o^)/

是非会場での熱いご声援をよろしくお願い致します!!

※プレーオフとは...チャレンジリーグは全12チームで構成されており、6チームずつ東西に分かれてリーグを行っています。各リーグで試合を行った後、東西のそれぞれ上位2チームの計4チームが総当たりでさらにリーグ戦を行い、1位~4位の順位を決めます。その中で1位になると2部の最下位チームと入れ替わり2部へ自動昇格2位になると2部の下から2番目のチームと入れ替え戦となり、勝てば昇格できる制度のことを言います。

つまり、昇格するためにはこのプレーオフに出場するのがまず最低条件になります。昨年度は、このプレーオフで2位となり入替戦を行いましたが、惜しくも勝ち抜くことが出来ず昇格することが出来ませんでした。今年こそはこのチャンスを必ず掴みとり、今季の目標である【2部昇格】を果たしたいと思いますので、ぜひ応援よろしくお願いします!!

ニュース画像1
ニュース画像2

2017.07.03

第12節 勝利!!

7月2日 (日) 11:00 大和なでしこスタジアム にて

第12節 VS 新潟医療福祉大学 が行われ、3-1で勝利しました!

試合当日は朝から小雨が降っていましたが、アップ開始の時には雨も上がり、蒸し暑い中での試合となりました。

今節の対戦相手である新潟とは2回のアウェイ戦が終了しており、1チームにつき全3戦中既に2敗しているシルフィードにとって、リベンジ出来る最後の試合でした。また、現在2位のシルフィードと3位の新潟との勝ち点差は2点差しかなく、今節を落とすと3位に転落してしまう為、絶対に落とせない試合でもありました。

試合は、新潟のキックオフで始まりました。

立ち上がりからロングボールを蹴り込んでくる相手に対し、シルフィードはセーフティーに対応してカウンター攻撃を仕掛けます。しかし既に2度対戦している相手の為、互いに特徴を把握しており、なかなか思うようにプレーできない時間が続きます。

そんな中、前半26分に新潟に先制点を許します。

相手の右サイドからFWへスルーパスを着けられ、センターバックがインターセプトに飛び出るも触れず、センターバックの裏に出来たスペースへ走り込んだ11番がFWから横パスを受けると、一瞬の隙を突かれ失点。 0-1となります。

相手に先制点を許してしまいましたが、負けられないシルフィードはすぐに切り替えて点を取りに行きます。

そして失点の僅か1分後の前半27分に同点ゴールが決まります。

左からのコーナーキックをサイドで受けた#2伊藤がゴール前へクロスを上げ、一度は相手DFに跳ね返されるも、そのボールを#8三堀が拾うと再びゴール前へ蹴り込み、そこへ走り込んだ#15松浦が冷静に流し込んで得点!!早々に1-1の同点に追い付きます。

勢いづいたシルフィードは更に1分後の前半28分に追加点を奪います。

中盤で枚数をかけてボールを奪うと、#11堀が左サイドへ走り込んだ#15松浦へパスを繋ぎ、相手GKとの1対1へ持っていくもファインセーブに阻まれ、そのこぼれ球を#8三堀が押し込み得点!! 2-1となります。

対する新潟は先制したもののすぐに逆転を許してしまった為、再び得点を奪おうと、ロングボールで前がかりに攻め込んできます。互いに前線の選手を中心に積極的に仕掛けますが、両チーム共になかなか追加点は奪えません。

前半34分、さらに攻撃に勢いをつけるため、#8三堀に替わり、#14米田が入ります。

その後も攻防戦が続きますが、得点は動かず2-1で前半を折り返します。

後半は試合開始時よりも気温が上がっており、さらに暑さが厳しい中での試合となりました。得点差をつけたいシルフィードは、中盤でボールを運んでから両サイドへ展開し、相手陣地へ果敢に攻め込みます。対する新潟は暑い中でも運動量を落とさず、リズムのある細かいパスワークで崩してきます。

攻防戦が続く中、得点が動いたのは後半17分でした。

左サイドに抜け出した#2伊藤がゴール前へクロスを上げるも中で合わず、流れたボールに#11堀が追いつき、#14米田に繋ぐと再びゴール前へ蹴り込み、走り込んだ#7山崎が頭で合わせ得点!! 3-1となります。

得点を奪いたい新潟は、DFの裏のスペースへ長いボールを蹴り込み、高い位置で枚数をかけて仕掛けてきます。シルフィードも攻撃の手を緩めず更に追加点を奪いに行くため、#28村山に替え、#10石渕が入ります。

その7分後には、攻撃を厚くするため、#3菅に替え、#6松山が入ります。更に、#15松浦に替わり、#9内藤、#7山崎に替わり、#30田中が入り、攻撃にラストスパートをかけます。

新潟も最後まで1点を狙って攻め続けてきますが、そのまま得点は動かず、3-1で試合終了。

1失点を許してしまったものの、リベンジをかけた直接対決を勝ちきることが出来たため順位は変わらず、更に得失点差を引き離すことが出来ました。

暑い中たくさんのご声援を頂き、ありがとうございました!!

次節は、

7月9日 (日) 14:00 みやぎ生協めぐみ野サッカー場Aグラウンド にて

第13節 VS 常盤木学園高校 が行われます。

アウェイでの試合となりますが、応援よろしくお願い致します。

ニュース画像1
ニュース画像2

2017.06.27

引き分け

6月25日 (日) 11:00 札幌サッカーアミューズメントパーク にて

第11節 VS ノルディーア北海道 が行われましたが、1-1引き分けとなりました。

選手たちは、前日に飛行機で北海道に向かいました。

試合当日は朝から雨が降っており、時折激しい雨にも見舞われ、寒さも感じられました。

また、雨の影響でピッチ状況が悪く、ボールがスリップする所や、水溜まりになっていて止まってしまう所があり、プレーをしている中で互いに不意を突かれる状況が起こるため、慎重な試合運びとなりました。

試合は相手のキックオフで始まりました。

立ち上がりからノルディーアはシンプルな攻撃で、スピードのあるFW#10をターゲットに前線へボールを送ってきます。シルフィードは開始早々、失点こそは免れたものの、ピッチ状況を読み切れずにクリアミスが起こり、相手にCKを与えてしまいます。

その後もピッチ状況が悪いため、シンプルに蹴ってくるノルディーアが優勢に立ち、何度か危ない場面をつくられます。しかし、シルフィードもボールを奪うと前線の選手が積極的に仕掛け、シュートを放っていきます。

そして前半13分、先制点が生まれます。相手の裏に抜け出し、前線でボールを受けた#11堀が相手DFを引き寄せたところで、ゴール前へ走り込んでいた#28村山にボールを送り、これをフリーで受けた#28村山が冷静に決めて得点!!

早い時間帯にシルフィードが先制点を決め、1-0となります。

これを機に勢いづいたシルフィードは、積極的に攻め込み自分たちのペースで試合を運びますが、敗戦続きのノルディーアも悪い流れを今節で断ち切るために、DFラインから枚数をかけて攻め込んできます。

しかし、雨の影響でボールが滑る状況にも関わらず、互いに経験豊富なGKが確実にボールを処理し、なかなか得点は動きません。

難しいピッチ状況で、危うく失点という場面もありましたが、DF陣を中心に体を張って守り切り、前半を1-0で折り返します。

後半に入り、とにかく早い時間帯に追加点を奪いたいシルフィードは、前半同様に前線から積極的に相手陣地に迫りますが、雨の影響で前半よりもグランド状況はさらに悪くなり、ボールを思うように運べません。

同じく相手もなかなか思うようなプレーが出来ておらず、互いに苦しい時間が続きます。激しい攻防戦を繰り返す中、得点が動いたのは後半18分でした。シルフィードのパスミスを見逃さなかったノルディーアがボールを奪い、#10がドリブルで右側から中央へ向かってドリブルで仕掛けてきます。ボールを高い位置まで運んでから、前を走っていた#22にパスを出し、このパスを奪いにシルフィードDFが飛び出て一度はボールに触ったものの奪い切れず、再び#22にボールが渡ってしまい、これを冷静に決められ失点。1-1の振り出しに戻ります。

後半23分、得点を奪いたいシルフィードは攻撃に厚みをかけるため、#3菅に替わり、ミドルシュートが持ち味の#6松山が入ります。その3分後には、前線でボールを奪う為、#8三堀に変わり、粘り強い守備が持ち味の#14米田が入ります。

攻撃に勢いが出てきて相手ゴール前まで迫るものの、ノルディーアの堅い守備に阻まれ、なかなか得点が生まれません。後半42分には、最後の望みをかけて、#7山崎に替え、昨シーズン開幕前の怪我からこの試合でついに復帰を果たした、アグレッシブなプレーが持ち味の#22安藤を投入します。

雨でいつにも増して疲労が見える中でも走り続け、最後まで得点を奪いに行きますが、あと一歩のところで追加点には届かず、1-1で試合終了。

勝ち点1の収穫となりました。

北海道でのアウェイにも関わらず、相手チームよりも多いサポーターが駆けつけてくださいました。いつも遠くまでありがとうございます。

今節は引き分けに終わってしまいましたが、残り4試合、ご声援に応えられるように最後まで頑張りますので、変わらぬご声援をよろしくお願い致します。

次節は、

7月2日 (日) 11:00 大和なでしこスタジアム にて

第12節 VS 新潟医療福祉大学 となります。

現在2位のシルフィードと、3位の新潟との勝ち点差は2点差しかなく、この直接対決に敗戦すると順位が入れ替わってしまうことになります。

絶対に落とすことのできない試合であり、またホーム戦も残り2試合となっているので、ぜひ会場に足を運んでいただきご声援をよろしくお願い致します!!

ニュース画像1
ニュース画像2

2017.06.19

第10節 勝利!!

6月18日 (日) 11:00 大和なでしこスタジアム にて

第10節 VS つくばFCレディース が行われ、1-0で勝利しました!

試合当日はお昼頃からの雨予報でしたが、試合後まで何とか天気も持ち、曇り空の中試合が行われました。

試合は、シルフィードのキックオフで始まりました。

立ち上がりから#2伊藤が積極的に仕掛け、開始早々CKを得ます。得点には至らなかったものの、これを機に攻撃に勢いがつきます。

対するつくばは、スピードが持ち味で、前節では3得点を挙げて得点力にも優れているFW#18をターゲットに攻め込んできますが、予め注意すべき選手だった為、シルフィードは枚数をかけて対応し、攻撃の芽を摘みます。

ボールを奪うと、左サイドの#2伊藤と#15松浦を中心にサイド攻撃を仕掛け、相手ゴール前まで迫ります。

シルフィードペースで試合が運ばれる中、先制点が生まれます。

前半20分、中央の高い位置でボールを受けた#13榎谷がスペースにスルーパスを送り、そこに走り込んだ#11堀が冷静にゴールへ流しこみ得点!!

前半は、その後も何度も相手ゴール前まで攻め込みますが、相手GKのファインセーブに阻まれ追加点は奪えません。

対するつくばも、FW#18がスピードのあるドリブルで積極的にカウンター攻撃を仕掛けてきますが、DF陣で枚数をかけて確実に対応し失点は免れます。

そのまま1-0で前半を折り返します。

後半はつくばが点を取り返すために、攻撃に勢いをつけて攻め込んできます。

後半13分にはボールを捌ける#10を投入し、さらにつくばペースになります。

シルフィードも早めに追加点を奪いたいところですが、守備に枚数が必要でなかなか攻撃に厚みが出ません。さらに守備に時間をかけているため、体力も消耗され運動量が落ち始めます。

流れを変えるため#8三堀に替わり、#10石渕が入ります。それでも得点が動かないため、#15松浦に替え、#14米田が入ります。攻防戦が続き、互いにシュートを放つも得点には至りません。最後まで追加点を奪いにいくため、#2伊藤に替え、#9内藤、続けて#3菅に替え、#6松山を投入します。

それでも追加点は奪えず1-0で試合終了。

苦しい試合でしたが、勝ちきることができました。応援ありがとうございました!

また、今節でEAST6チームの試合数が揃いました。

10節終了時点での順位は、首位は変わらず十文字となっていますが、シルフィードが十文字と勝ち点1差で2位につけています。

残り5試合、厳しい暑さで苦しい試合になると思いますが、プレーオフ出場に向けて1つも落とさず勝ち続けられるよう戦っていきますので、更なる熱い応援をよろしくお願いします!!

次節は、

6月25日(日)11:00 札幌アミューズメントパーク にて

第11節 VS ノルディーア北海道 が行われます。

アウェイでの試合となりますが、応援よろしくお願い致します。

ニュース画像1
ニュース画像2

2017.06.12

第9節 首位の十文字に勝利!

6月11日 (日) 13:00 十文字学園女子大学サッカーグラウンド にて

第9節 VS  FC十文字VENTUS が行われ、1-0で勝利しました!

関東も梅雨入りし、11日の天気はもともと雨予報でしたが、数日前から予報は曇りに変わり、当日は晴れ間もみられる天気の中で試合が行われました。

対戦相手の十文字は、前回同様に現時点でも首位に立っており、首位奪還の為に落とせない直接対決でした。

試合はシルフィードのキックオフで始まりました。

シルフィードは立ち上がりから、自陣で引いて守る相手に対して、落ち着いてボールを繋ぎ自分たちのペースで試合を進めていきます。

対する十文字は、高い位置からボールを奪いに来ることはほとんど無く、コンパクトな守備でパスコースを消し、シルフィードのミスを誘いボールを奪うと前線の選手だけでカウンター攻撃を仕掛けてきます。

枚数をかけて攻めて来ない相手に対して、シルフィードはDF陣で確実に守り切り、再び自分たちのペースでボールを回して攻撃のタイミングを見計らいます。

右サイドから隙を見て縦に走りだした#3菅が、持ち味のスピードでサイドを駆け上がりコーナーキックを得ます。

そして前半14分、このコーナーキックからシルフィードに先制点が生まれます。

右サイドからのコーナーキックを左利きの伊藤がゴール前へ蹴り込み、#3菅がこぼれ球に反応しシュートを放ちます。相手GKに弾かれたボールを#15松浦が再び蹴り込み、混戦の中再び弾かれますが、#28村山がとどめのシュートをゴールネットに突き刺し得点!! 1-0となります。

その後も、リズムのあるパス回しで十文字のゴール前まで攻め込み、#15松浦や#8三堀を中心に積極的にシュートを放ちます。

しかし、#15松浦のミドルシュートは直接クロスバーに当たり、#11堀のシュートも相手GKが弾きクロスバーに当たり・・・なかなか追加点にはなりません。

そのまま前半を1-0で折り返します。

後半は、前半よりも高い位置でボールを奪いに来る相手に対し、プレッシャーのせいか自分たちのミスが目立ちボールがうまく回りません。

それでも早めに追加点が欲しいシルフィードは、遠目からでもゴールが見えれば積極的にシュートを放っていきます。

しかし、追加点が生まれないまま次第に足が止まり始めます。

少しずつ相手のペースになり始めているところで、流れを立て直すため、#28村山に替えて、#10石渕が入ります。

得点が欲しい相手も交替カードを切り、スピードのある#22を投入してきます。

次第に終了時間が迫ってきて、枚数をかけて攻め始めてきた相手に対し、DF陣が粘り強く守り何度もボールを弾き返します。

前線の運動量が減り、裏への飛び出しが少なくなったシルフィードは、流れを変える為、#8三堀に変わり、#14米田、さらに#3菅に替えて、#25大関を投入します。

終盤は、首位の意地を魅せられるかのように攻められる時間が続き、危ない場面もありましたが、全員で押し込んで取った1点を、全員で体を張って守り切り、1-0で試合終了。

首位の十文字に再び勝利することが出来ました!!

アウェイにもかかわらず、たくさんのご声援ありがとうございました。

今回の勝利では順位は変わらず、現在シルフィードは2位につけていますが、次節の十文字VS常盤木学園の試合が4月に前倒しで行われており、試合数が異なっているため正式な順位はわからない状況です。

次節に残り4チームの試合が行われて6チームの試合数が揃いますが、シルフィードは次節のつくば戦に勝利出来たとしても、まだ首位の十文字を抜くことは出来ません。

しかし確実に差が縮まってきているので、気を引き締め直し、このまま連勝していけるように頑張りたいと思います。

次節は、

6月18日(日)11:00 大和なでしこスタジアム にて

第10節 VS つくばFCレディース が行われます。

この試合を入れて、ホーム戦も残り3試合となりました。

ぜひ会場にてご声援をよろしくお願い致します。

ニュース画像1
ニュース画像2

2017.05.29

第7節 勝利!!

5月28日 (日) 11:00 大和なでしこスタジアム にて

第7節 VS ノルディーア北海道 が行われ、1-0で勝利しました!

北海道とは今年2回目のホームでの対戦でしたが、前回はシルフィードが再三攻めていたにも関わらずなかなか得点が奪えない中、PKで得た1点での勝利だったため、しっかりと勝ち切りたいと気を引き締め直して臨んだ一戦でした。

当日は天候にも恵まれ、ピッチ状況も良い中で試合が行われました。

試合は北海道のキックオフで始まりました。

シルフィードは開始早々から高い位置でボールを奪い、#11堀と#28村山を中心に相手DFの裏へ走りだし、積極的に攻撃を仕掛けます。

対する北海道は、スピードのある#10と#9を起点としてサイド攻撃を仕掛けてきます。

互いに攻め合い決定的なシュートまで持ち込みますが、どちらも安定したGKのファインセーブに阻まれ得点は生まれません。

シルフィードはなかなかボールが収まらず、相手のカウンター攻撃で何度も危ないところまで攻められますが、GK#1小林を中心に体を張りボールを奪うと、相手DFの裏を積極的に突いて攻撃を仕掛けます。

そんな中、前線でボールを受けた#15松浦が一瞬の隙をつき放ったミドルシュートは、惜しくもバーに跳ね返されます・・・。

前半は得点が動かず、0-0で折り返します。

交代なしで後半に入ります。

後半もなかなかペースが作れないシルフィードは、流れを変える為、#3菅に替わり、#25大関が入ります。

大関が入ったことにより攻撃に厚みができ、右サイドからのセンターリングでチャンスを作り出します。

それでも得点が生まれず、更に前線に勢いをつけるため、#8三堀に替え、#14米田が入ります。

兎に角先制点を奪う為に前がかりになり攻撃を仕掛けていたため、カウンター攻撃を受け危ない場面もありましたが、DF陣で確実に対応し失点は免れます。

このまま終われないシルフィードは、さらに攻撃に厚みをかけるため、#28村山に替え、#10石渕を投入、#13榎谷に替え、#9内藤を投入と、立て続けに交替カードを切ります。

その後も互いにゴール前まで攻め入る攻防戦が続く中、ロスタイム2分、左サイドでスローインを受けた#15松浦が倒されFKを得ます。

左利きの#2伊藤がキッカーとなり、最後の望みをかけてゴール前へ蹴り込みます。

この試合再三ファインセーブを魅せた相手GKがボールへ向かって飛び出しますが、クリアをしようとしたDFとマッチングし、誰も触れずにすり抜けたボールを、ファーサイドで待ち構えていた#10石渕が冷静にゴールへ流し込み得点!!

ロスタイムで待ちに待った先制点が生まれ1-0となり、そのまま試合は終了しました。

晴天の暑さの中、ピンチとチャンスの繰り返しで苦しい試合となりましたが、なんとか勝ちきることが出来たことは、大きな収穫になりました。

ホームでたくさんのご声援をいただけての勝利だと思います。たくさんの応援ありがとうございました。

また、シルフィードは前節の敗戦により順位を3位に落としてしまっていましたが、今節の勝利によって再び2位へと浮上することが出来ました。

8試合が終了してリーグが折り返しとなりますが、これまでまずまずの戦績の為、後半戦がプレーオフへ向けた大きな勝負となります。

ホーム戦は残り3試合、アウェイ戦は残り4試合と、まだまだ試合が続きますので、今後とも更なるご声援をよろしくお願い致します。

次節は、

第8節を5月に前倒しで行ったため一週空くことになり、

6月11日(日)13:00 十文字学園女子大学サッカーグラウンド にて

第9節 VS FC十文字VENTUS が行われます。

アウェイでの試合となりますが、応援よろしくお願い致します。

ニュース画像1
ニュース画像2

2017.05.24

第6節 敗戦。

5月21日 (日) 11:00 新潟聖籠スポーツセンター アルビレッジ にて

第6節 VS 新潟医療福祉大学 が行われましたが、1-2の敗戦となりました。

新潟とは2節でも同じアウェイで対戦しましたが、0-1で敗戦したため、リベンジを賭けた一戦でした。

試合当日は晴天で、ピッチ状況は良かったものの、気温が29.6度とかなりの暑さの中での試合となりました。

試合は相手のキックオフで始まりました。

前回の新潟は、DFラインからロングボールを蹴り込んでくる形が多かったため、シルフィードは前回の反省を活かし、自由にロングボールを蹴らせない様に立ち上がりから高い位置でプレッシャーをかけに行きます。

対する新潟は、シルフィードのプレッシャーにより簡単にロングボールは蹴れなくなったものの、中盤の#7を起点とした細かいパスでゴール前まで攻め込んできます。

開始4分にはゴール前での混戦に持ち込まれ、危うく失点かという場面をつくられますが、ここはDF陣で体を張って守りきります。

シルフィードはハードワークでボールを奪うものの、相手の連動的な守備と速いプレッシャーにより思うようにボールが収まらず、すぐにボールを失ってしまいます。

対して新潟は、ボールを奪うと確実に繋ぎ、コンパクトに素早い攻撃をしかけてきます。

なかなかリズムのつくれないシルフィードは、前半のうちに交替カードを切り、#14米田に替わり、#28村山が入ります。

交替で入った村山が流れを変えようと、積極的に相手DFラインの裏へ飛び出しますが、何度も相手GKのファインセーブに阻まれます。

前半は互いにゴール前まで攻め込むも、得点には至らず0-0で折り返します。

交替なしで後半に入ります。

後半は立ち上がりから#15松浦と#2伊藤が両サイドから積極的にドリブルを仕掛けます。

中央の守備が厚い新潟に対しサイド攻撃を仕掛けたことにより、攻撃に厚みが出始めます。

そして、後半7分、ついに先制点が生まれます。

#23岡森のスルーパスに#2伊藤が反応し、ボールを受けた伊藤がドリブルで左サイドからゴール前へ切り込むと、GKと1対1になりシュートを放ちます。伊藤のシュートはGKのファインセーブに阻まれますが、ゴール前につめていた#11堀がこぼれ球を確実にゴールネットに突き刺し得点!!

このまま流れを引き寄せたいシルフィードは、その後もサイドを起点にシュートまで持ち込みますが、なかなか追加点は奪えません。

そして、攻撃に枚数をかけて守備が薄くなった一瞬の隙を突かれ、後半17分に失点。

1-1に追いつかれます。

同点ゴールを許してしまったシルフィードは、落ち込む暇もなく再びゴールを奪うために攻撃を仕掛けます。

しかし、日中の暑さに体が応えてか、次第に足が止まり始めます。

それでも追加点が必要なシルフィードは、流れを立て直すため、#11堀に替わり、#9内藤が入ります。

前回と同じ敗戦をしないためにさらに攻撃に厚みをかけますが、同点に追いついた新潟は、大学生らしいスタミナと豊富な運動量で更に追加点を狙いにきます。

そして後半31分、ペナルティエリア付近で新潟にFKを与えてしまい、GK#1小林を中心に体を張って何度もボールを跳ね返しますが、枚数をかけて攻め込んで来た相手に押し込まれ、失点。

逆転ゴールを許してしまい、1-2となります。

残り時間が少なくなり、兎に角攻めるしかないシルフィードは、さらに2枚の交替カードを切ります。

しかし、追加点を奪うことは出来ず、1-2で試合終了。

又しても、新潟にアウェイでの敗戦となりました。

今節の敗戦により新潟と順位が入れ替わり、シルフィードは3位となりました。

痛い敗戦ではありますが、リーグはまだ半分以上残っているので、今後の試合に反省を活かせるよう、取り組んでいきたいと思います。

次節は、

5月28日 (日) 11:00 大和なでしこスタジアム にて

第7節 VS ノルディーア北海道 となります。

ぜひ会場での応援よろしくお願いします!!

ニュース画像1
ニュース画像2

2017.05.15

第5節 首位のFC十文字に勝利!!

514 () 1300 清瀬内山運動公園サッカー場A面 にて

5節 VS FC十文字VENTUS が行われ、3-0で勝利しました!

試合当日は、前日の雨により多少湿ったピッチ状況ではありましたが、気温も高すぎず、試合に適した気候での一戦となりました。

十文字は昨年のなでしこチャレンジリーグ参入戦を勝ち上がり、今年から同じリーグに加わったばかりのチームでありながら、5試合を終え、シルフィードの2勝2敗1分に対し、4勝1分と無敗記録を残してきていました。

この日の一戦は、現在2位につけているシルフィードが首位に立つために、絶対に勝たなければならない首位十文字との直接対決でした。

今年から参入してきた相手のため今まで一度も対戦したことがありませんでしたが、昨年の高校選手権大会で全国優勝を果たした十文字高校の選手たちで主に構成されたチームということもあり、技術・運動量ともに優れていると思われたため、試合は慎重な入りとなりました。

試合はシルフィードのキックオフで始まりました。

前線からプレッシャーをかけてくる相手に対し、慌てずにパスを繋げるところを見極め、細かいパスから相手陣地に攻め込みます。対して十文字は自陣で自由にプレーさせないよう、体を張ってボールを奪いに来ます。

前半25分、スローインに反応し裏に抜け出した#15松浦が相手ゴールに近い位置で倒され、これにより得たFK#2伊藤が直接決め先制!!

良い時間帯に先制出来たシルフィードは、その後も自分たちのペースで試合を運び、何度もチャンスを作り出します。十文字は、粘り強い守備からボールを奪うと中盤の#7#10を中心にカウンターを仕掛けてきて、遠くからでもシュートを狙ってきますが、GK#1小林が冷静に処理します。

その後も得点は動かず1-0で前半を折り返します。メンバー交替なしで後半に入ります。

得点が動いたのは後半開始直後でした。

後半1分、堀の左サイドからのクロスを、ゴール前で#15松浦が落ち着いて収め、GKの位置をみてコースに確実に蹴り込み追加点!!

まだ十分に時間が残されているためか、十文字は慌てる様子もなく、変わらず自分たちのサッカーで攻め込んできます。

シルフィードもこのまま無失点で勝ちきりたい為、DF陣が必死に体を張って守り続けます。DF陣によって奪ったボールを確実に前線へ繋ぎ、さらに追加点を狙いに行くため、シルフィードは1枚目の交替カードを切ります。#14米田に替わり、得点力のある#28村山を投入。攻撃に勢いが増したシルフィードは、その後も何度も攻撃を仕掛けます。

互いに攻防戦が続く中、シルフィードに又しても追加点が生まれます!

後半30分、交替で入った#28村山が相手陣内の中央をドリブルで仕掛け、DFの間へ走り込んだ堀にスルーパスを送り、これを堀が確実に決め、ダメ押しの3点目!!

さらなる追加点を許した十文字は次第に足が止まり始めますが、そんな中でも若さあふれる高校生選手はスピードのあるドリブルを何度も仕掛けてきて、シルフィードゴールを脅かします。

最後まで守り抜くため、シルフィードは全ての交替カードを使って全員で守り切り、無失点で試合終了。

3-0での勝利となりました!!

次節は、

521日(日)11:00

新潟聖籠スポーツセンター アルビレッジ にて

6節 VS 新潟医療福祉大学 が行われます。

427日に行われた試合で、新潟には0-1で敗戦をしました。

今回も同じアウェイでの対戦となりますので、前回の借りを返せるよう、また一週間の練習に取り組んでいきたいと思います。

次節もアウェイでの試合になりますが、いい報告が出来るよう頑張りますので応援よろしくお願いします!!

ニュース画像1
ニュース画像2

2017.05.09

1敗1分

5月3日 (水)、7日 (日)  11:00 大和なでしこスタジアム にて

第3節、第8節 VS 常盤木学園高校 戦が行われ、1-2,1-1の1敗1分となりました。

常盤木は、インターハイで何度も優勝をしている強豪校で、個人技・組織力ともに優れているチームです。3日の試合では、今年初めての対戦となり相手の情報がない中での試合となりました。

立ち上がりからシルフィードは、相手の様子を伺いながらも前線からの守備でボールを奪いに行きます。対する常盤木は、シルフィードの高い位置での守備にはまらないように、シンプルなロングボールで、身長のある#10とスピードのある両サイドハーフをターゲットに攻撃を仕掛けてきます。

シルフィードは高い位置からの守備でボールを奪いますが、奪ったあとも相手の早いプレッシャーによりうまくパスがつながらず、なかなかペースがつかめません。

流れを引き寄せたいシルフィードは、#3菅に替え、#7山崎を投入。

相手陣地まで攻め込み始めますが、相手の堅い守備によりシュートを打ちきれずカウンター攻撃をうけます。

前半37分、相手スローインからペナルティエリア内まで持ち込まれDFが対応するも、逆サイドから駆け上がってきた相手にボールが渡り、フリーでシュートを打たれ失点。前半に先制点を許してしまい、悪い空気を断ち切れないシルフィードはその後もリズムをつくることができず、そのまま0-1で前半終了。

後半は#26西野に替え、#9内藤が入ります。

まずは同点に追い付きたいシルフィードは、攻撃に枚数をかけ#15松浦を中心に積極的にシュートを放ちます。それでも得点が生まれず、攻撃に変化をつけるため#8三堀に替え、#10石渕を投入。相手ゴール前に攻め込む回数が増え、ついに得点が生まれます。

後半21分、#15松浦が放ったシュートがポストに当たり、はね返ったボールをゴール前につめていた#11堀が拾うと、冷静にサイドネットに蹴り込み同点!!

このまま追加点を奪いたいシルフィードは、枚数をかけてゴール前に迫ります。しかし、点が欲しいあまりに前掛かりになっていたところを突かれカウンター攻撃を受けます。

ロスタイムになり、両者最後の力を振り絞って攻防戦を繰り返しますが、終了間際に再び常盤木のカウンター攻撃を受け、守り切れずに失点。1-2での敗戦となりました。

痛い敗戦となりましたが、4日後すぐにリベンジが出来るため、7日に向けて少しでも課題を修正して試合に臨めるよう、中三日の練習に取り組みました。

7日は、順位変動に大きく関わってくる試合でもあり、さらにリベンジを懸けた試合でした。

3日に勝利した常盤木は、試合開始から勢いをつけてサイド攻撃を仕掛けてきます。同じ相手に負けられないシルフィードは、全員での守備からカウンター攻撃に持ち込もうとするも相手の組織的な守備に阻まれます。それでも、#20阿部のミドルシュートや、#15松浦が積極的にシュートを放ち相手ゴールを脅かします。常盤木は、前回同様#10に加え、キープ力のある#8がボールをさばき、ゴール前まで迫ってきます。しかし、両者得点には至らず前半を0-0で折り返します。交替はなしで後半に入ります。

後半になっても勢いを落とさずに攻め込んでくる常盤木に対し、枚数をかけて対応したところ相手にFKを与えてしまいます。後半6分、FKからゴール前で混戦になり、オウンゴールにより失点。またしても先制点を許してしまいます。しかし、早い時間帯での失点だった為、まだ時間が残されているシルフィードは攻撃に厚みをかけるために、#20阿部に替え、#2伊藤、#14米田に替え、#8三堀と続けて交替カードを切ります。この交替で攻撃にリズムが出き、徐々に流れを引き寄せはじめます。

ゴール前に迫る回数が増え、後半31分、ついに得点が生まれます。

右サイドを駆け上がった#3菅がクロスを上げ、#2伊藤がゴール前に走り込みダイレクトで合わせ得点!同点に追い付きます。後半41分には、#7山崎に替え、#10石渕を投入し前回のリベンジを果たすため追加点を狙いに行きます。対する常盤木も高校生ならではの豊富な運動量で最後までシルフィードゴールに迫ってきますが、両者一歩も譲らないまま試合終了。1-1の引き分けに終わりました。

次節は、

5月14日(日)13:00 清瀬内山運動公園サッカー場A面 にて

第5節 VS FC十文字VENTUS が行われます。

アウェイの地で現在首位のチームとの初対戦になり、首位に立つには十文字との直接対決で勝つことが重要になるので、いい結果報告が出来るよう頑張ります。

ニュース画像1
ニュース画像2

2017.05.02

第3節 勝利!!

4月30日 (日) 11:00 大和なでしこスタジアム にて

第3節 VS ノルディーア北海道 戦が行われ、1-0で勝利しました!

当日は天候にも恵まれ、ピッチ状況も良い中試合が行われました。

2節を終え、ノルディーアとシルフィードは互いに1勝1敗と同じ戦積でしたが、得失点差によって順位はノルディーアが上回っている中での直接対決でした。

試合はシルフィードのキックオフで始まりました。

立ち上がりは双方慎重な入りでしたが、 風上のノルディーアがボールを運ぶ回数が多く見られます。対するシルフィードは、セーフティーに対応し前線へとボールを送りますが、相手の守備が堅くなかなかフィニッシュまで持ち込めません。

ノルディーアはスピードのある#10,#14を起点として攻撃を仕掛けてきます。隙があればどこからでもシュートを打ってくる相手に対し、GK#1 小林が冷静に対処します。

前線でボールを納めたいシルフィードは、前半36分、#28村山に替え、#8 三堀を投入。

キープ力のある#8三堀が入ったことにより、高い位置でためができ攻撃に枚数がかけられるようになります。しかし、ノルディーアの守備は厚く思うようにシュートを打たせてもらえません。

得点が動かないまま0-0で前半を折り返します。

流れを変える為にシルフィードはハーフタイムで2枚目の交替カードを切り、#26 西野に替わり、#9 内藤(センター勤務)が入り後半が始まります。

先制点を取りに行くために、後半は立ち上がりからシンプルな攻撃で相手陣内へ攻め込みます。

後半4分、DFラインからの攻撃参加で攻撃に厚みをかけるため、#7 山崎に替え、#25 大関を投入。

前線からの守備で相手のミスを誘いだし、高い位置でボールを奪えるようになったことにより、相手陣内でボールを持つ時間帯が増え、幾度となく相手ゴールへ迫ります。

攻撃陣の#8 三堀や#15 松浦を中心に、再三フィニッシュまで持ち込みますが、ボールはなかなか枠を捕らえられず、決めきることが出来ません。

対するノルディーアもスピード勝負を仕掛けてきますが、速い選手を把握していたため、DF陣で確実に攻撃の芽を摘んでいきます。

互いにゴール前まで攻め込むもなかなか得点にはならず、もどかしい時間が続きます。

しかし、そんな中シルフィードに待望の先制点が生まれます。

後半28分、#11 堀が左サイドから上げたクロスに、#8 三堀が反応しゴール前へ走り込んだところ、ペナルティーエリア内で相手に倒されPKを獲得。PKを得た本人#8 三堀がそれを確実に決め、シルフィードがついに先制します。

試合が終盤になり、とにかく早く追いつきたいノルディーアはメンバー交替をしてきます。

シルフィードも最後まで追加点を狙いにいく為、後半40分に#13榎谷に替え、#20 阿部を投入、後半43分には#14 米田に替え、#10 石渕を投入と、続けて交替カードを切ります。

試合終了間際には相手にコーナーキックを与えてしまい、ヒヤリとする場面もありましたが確実に守り切り、1-0で試合終了

たくさんの方々の熱いご声援のおかげで、ゴールデンウィークにかけて行われるホーム三連戦のスタートを白星で飾ることができました。

ノルディーアとの直接対決を制し、勝ち点3を取れたことにより順位が入れ替わり、2位へ浮上することが出来たのは大きな収穫となりました。

しかし、再びたくさんの課題がこの試合で見つかったので、中二日と短い時間ですが次節へ向けて改善出来るよう取り組んでいきたいと思います。

次節は、

5月3日 (水) 11:00 大和なでしこスタジアム にて

第8節 VS 常盤木学園高校 と対戦します。

また、ゴールデンウィーク中にもう一試合行われます。

5月7日 (日) 11:00 大和なでしこスタジアム にて

第4節 VS 常盤木学園高校 と、二戦続けて同じ相手とのホーム戦となります。

ゴールデンウィークはどこへ出かけるにも渋滞にはまってしまうと思うので、是非近場の大和なでしこスタジアムへお越しください\(^o^)/

会場での応援よろしくお願いします!!

ニュース画像1
ニュース画像2

2017.04.25

第2節 敗戦。

4月23日 (日) 11:00 新潟聖籠スポーツセンター アルビレッジ にて

第2節 VS 新潟医療福祉大学 戦が行われましたが

惜しくも0-1の敗戦となりました。

選手たちは、バスによる7時間程の前日移動で新潟に向かいました。

新潟は、大和での開幕戦の時のような暑さはなく、多少風は気になりましたが、試合のしやすい気候でした。

試合は相手キックオフで始まりました。

シルフィードは追い風でのスタートだったので、その風をうまく利用しながら早い時間帯で先制したいところでしたが、体の重そうな選手も見られ、そのせいか自分たちのミスからボールを失うシーンが多くみられます。

対する新潟医療は、組織的な粘り強い守備でボールを奪い、確実に繋いで攻めてきます。

新潟の堅い守備を破り、流れを引き寄せたいシルフィードは、相手陣地でのスローインスタートから#28村山が相手コーナー付近へドリブルで仕掛けます。そこで相手に倒されゴールに近い位置でFKを獲得。#11堀のボールに#2伊藤がヘディングで折り返し、混戦の中押し込み得点!!になったかと思われましたが、審判の判定はノーゴール。

得点にはならず...。

なかなか思うようにリズムを掴めないまま、0-0で前半を終えます。

後半から、#2 伊藤に替えて、#14米田を投入。

前半は思うようにリズムが作れないせいか、焦りも生まれボールが納まらなかったので、後半は落ち着いて自分たちが主導権を握れるように修正をしたいところでしたが、うまく立て直せず苦しい時間が続きます。

対する新潟は、シルフィードのミスを突いてきてボールを奪うと、前線に枚数をかけて攻め込んできます。

そんな中、得点が動いたのは後半13分。

自陣での相手のスローインに枚数をかけて対応しますが、奪い切れずクロスを上げられ、一度はボールを跳ね返したものの、ボールは再びゴール前の相手選手に渡ってしまい、振り向きざまにシュートを打たれ失点。

早めに点を取りに行きたいシルフィードは、前線にボールを送り積極的にゴールに迫りシュートを放つも、クロスバーやオフサイド判定などでなかなか得点になりません。

後半32分には#3菅に替え、#26西野を投入。

その後も両者一歩も譲らない攻防戦が続きますが、得点は動くことなく0-1で試合終了...。

今季初めてのアウェイ戦を勝って勢いづきたいところでしたが、悔しくも敗戦となってしまいました。

この敗戦を無駄にしない様に、次節からのホーム3連戦はさらに気を引き締め直し、全試合何としてでも勝ち切りたいと思いますので、引き続き熱い応援をよろしくお願いします。

次節は、

4月30日 (日) 11:00 大和なでしこスタジアム にて

第3節 VSノルディーア北海道 と対戦します。

ぜひ会場に足を運んでいただき、私たちに"声援"というパワーをください(^O^)/!!

よろしくお願いします!!

ニュース画像1
ニュース画像2

2017.04.18

開幕戦 勝利!!

4月16日 (日) 11:00 大和なでしこスタジアム にて

開幕戦 VS つくばFCレディース が行われ

ホームでの開幕戦を1-0の勝利で飾ることができました!

週末は雨の予報でしたが、当日は天候にも恵まれ、800人以上のたくさんの方々がスタジアムに足を運んでくださりました。

開幕戦ということで、緊張した面持ちの選手も見られましたが、会場の雰囲気や声援に後押しを受け、いい緊張感で試合に入ることが出来ました。

試合は、つくばのキックオフで開始しました。

立ち上がりは、互いに様子を伺うようなプレーが続きますが、先制点を奪いたいシルフィードは徐々に攻め始め、相手陣地でプレーする時間が増えます。

勢いが出て来たところで、ゲームキャプテンのFW#11 堀が思い切ってファーストシュートを放ちます。

そこからしばらく主導権を握り、相手のゴール前へ攻め込む場面や決定機も訪れましたが、つくばの堅い守備とGKのセーブによりなかなか得点になりません。

一方つくばは、中盤のキープ力のある#8や#21が溜めをつくり、スピードのある#18にボールを集めるという攻撃パターンで裏への攻撃を仕掛けてきます。

#18は兎に角スピードが持ち味で予め注意すべき選手だったため、右DF先発出場のDF#3 菅(センター勤務)が同じく持ち味のスピードを活かし対応します。

前半は両者一歩も譲らず、0-0で折り返します。

両チームメンバー交替なしで後半に入ります。

後半もシルフィードペースが続き、果敢にシュートを放ちますが得点には至らず・・・。

日頃から運動量を意識しながらトレーニングを行っていますが、普段はナイター練習の為、日中の暑さで体力の消耗も早く感じられました。

それでも早めに先制点の欲しいシルフィードは足を止めずに攻め続け、ついに待望の先制点が生まれます。

後半28分、MF#7 山崎が左サイドの裏にボールを入れ、そこへ抜け出したFW#11 堀が中へ切り込もうとしたところ、相手DFに倒されPKをもらいます。

堀が自らPKを蹴り、一度は相手GKのファインセーブに阻まれるも、こぼれ球を再び自分で押し込み得点!!

この勢いで追加点を狙いに行きたいシルフィードは、人一倍の運動量で走り切った#11 堀に替え、得点力のある#8 三堀を投入します。

何としても追い付きたいつくばも、交替カードを切ってきます。

残り時間が少なくなってきて焦りが出始めたつくばは、DFラインの裏へ長いボールをけり込んできますが、逃げ切りたいシルフィードはDF陣を中心に跳ね返し続けます。

最後まで追加点を狙いにいきたいシルフィードはさらに交替カードをきり、後半40分、#15 松浦に替え#14 米田を投入、ロスタイムには、#13 榎谷に替え#20 阿部、#3 菅に替え#25 大関を投入します。

試合終了間際には相手にCKを与えてしまい、ひやりとする場面もありましたが、そのまま逃げ切り開幕戦を1-0の勝利で飾ることが出来ました!!

ボール支配率やシュートの本数はシルフィードが上回っていましたが、なかなか得点が生まれず苦しみながらの勝利となりました。早い時間帯で得点を取る為に、決定力をつけることなど今回出た課題をしっかりと改善していきたいと思います。

次節は、

4月23日(日)11:00

新潟聖籠スポーツセンター アルビレッジ にて

第2節 VS 新潟医療福祉大学 が行われます。

アウェイでの試合となりますが、いい報告が出来るよう頑張りますので応援よろしくお願いします!!

ニュース画像1
ニュース画像2

2017.04.10

2017シーズン 今週開幕!!

いよいよ、今週末に「2017プレナスチャレンジリーグ」が開幕します。

開幕戦

416日(日)1100 大和なでしこスタジアム にて

VS つくばFCレディース との対戦になります。

2部昇格へ向けての大切な初戦となりますので、ぜひ会場で熱いご声援をよろしくお願いします!!

また、42日(日)には、大木哲市長をはじめ、日頃からご支援くださっている方々にお集まり頂き、kick off パーティーが行われました。

たくさんの方々に支えて頂いて、今のチームが成り立っているという事を強く感じると共に、必ず結果を残さなければいけないと改めて思いました。

その気持ちを胸に、2017シーズンも全力で戦っていきたいと思います。

今シーズンも、大和シルフィードの応援をよろしくお願いします!!

ニュース画像1

2017.02.14

2017年 新チーム始動しました!

今シーズンの開幕戦の日程が決まりましたので、お知らせ致します。

4月16日 (日) 11:00 大和なでしこスタジアムにて

開幕戦 VSつくばFCレディース が行われます。

今季最初のホーム戦なので、ぜひ大和なでしこスタジアムにお越しいただき熱い応援をよろしくお願いします!!

また、2016シーズンをもちまして、#23赤星 七美(神奈川技術センター勤務)が大和シルフィードを退団することとなりましたので、ご報告させていただきます。

【コメント】:昨シーズンをもちまして2年間在籍した大和シルフィードを退団することになりました。
神奈川技術センターをはじめ、皆様にたくさんのご支援、ご声援を頂き、とても素晴らしい環境でサッカーができたことに心から感謝しています。
本当にありがとうございました。引き続き大和シルフィードの応援、そしてセンター勤務の2人の応援を宜しくお願いします!!

現在チームは、新加入選手も加わり4月の開幕に向けてトレーニングに励んでいます。

また、今シーズンよりユニフォームも新しくなったため、一部背番号の変更が行われ、センター勤務の菅は#22⇒#3になりました。

今季こそ昨年果たせなかった「2部昇格」を実現させるため、チーム一丸となって頑張っていきますので、今シーズンも熱い応援をよろしくお願いします!!

ニュース画像1
ニュース画像2

2016.12.19

2016シーズン活動報告会

12月18日 (日) 18時より、大和市勤労福祉会館にて「2016シーズン活動報告会」が行われました。

大和市長 大木 哲 様をはじめ、国会議員 甘利 明 様、大和市議会議長 菊地 弘 様、県議会議員 藤代 優也 様

また、応援する会の皆様、各スポンサー企業の皆様など数多くの方々にお集まりいただきました。

報告会では、ご来賓の皆様の各テーブルに選手たちがそれぞれ分かれ、食事をしながら歓談し、交流を深めることができたと思います。

今シーズンの結果報告や個人表彰、選手たちによるダンスの披露なども行われとても良い時間を過ごすことが出来ました。

皆様から「来年も一緒に頑張りましょう!」という心強いお言葉をいただき、私たちはたくさんの方々に支えられているということを改めて感じることができました。

日頃の感謝の気持ちを「2部昇格」という結果でお返しできるよう頑張っていきますので、来季も変わらぬご支援とご声援をよろしくお願い致します。

ニュース画像1
ニュース画像2

2016.11.21

なでしこ2部へ昇格ならず・・・

11月19日 (土)  13:00  岡山県津山陸上競技場  にて

入替戦 VS FC吉備国際大学Charme(シャルム) (岡山県)  が行われ、又しても0-2で敗戦となりました。

11月13日に大和市で行われた入替戦初戦で、シルフィードは吉備国大に0-2で敗れたため、第2戦はアウェイの地で『3-0で勝たなければならない』という厳しい条件となりました。

また、ホームでの敗戦からアウェイ戦までは1週間も空かず、限られた時間で課題と向き合い修正する必要がありました。

そんな中あっという間に迎えた試合当日、津山市は朝から雨が降っていましたが、会場に到着したときには雨もあがっていて試合には最適な気候でした。

2部昇格へ向け点差も必要ですが、とにかく勝つということだけを頭に入れ臨んだ試合は、吉備国大のキックオフで始まります。

吉備国大は初戦と変わらず、立ち上がりからシンプルに精度の高いロングボールを蹴り込んでDFの裏を狙ってきます。対して、早めに得点が欲しいシルフィードは、蹴り込まれるボールを処理すると前線へボールを送り込み攻撃を仕掛け、早い時間帯から相手ゴール前まで迫り決定機を作り出します。しかし、決めきることが出来ません。互いにゴール前までは仕掛けるも、粘り強い守備で得点は動きません。

しかし前半21分、サイドからの相手のスローインの際、マークの受け渡しの一瞬の隙を突かれ、#10を起点とした、スロワーの#11とのパスワークと、個人技のドリブルでペナルティーエリア内へ切り込まれると、DFの壁が開いた瞬間を逃さず精度の高いシュートを撃ち込まれ失点。この時点で、ホーム&アウェイ方式により、2試合の合計で0-3となります。

まだ時間が残されているシルフィードは、確実に一点を返していくために、攻め込まれながらも体を張ってボールを奪うと、カウンター攻撃を仕掛けます。しかし得点を奪えないまま前半終了。

後半から、センター勤務の#9内藤に替わり、スピードが持ち味の、同じくセンター勤務の#22菅が交替で入ります。#22 菅を使ってスピードのあるサイド攻撃を仕掛けたいシルフィードですが、守備の時間が続きなかなかマイボールにすることが出来ず、前線までボールが入りません。高い位置からボールを奪いに行くため、後半23分、#4 四方に替わり、粘り強さが持ち味の#14 米田を投入。高い位置でプレスがかけられるようになり、サイド攻撃や、相手DFの裏へのスルーパスから、再びシルフィードに決定機が生まれ始めます。次第に終了時間が迫ってきて、何としてでも得点の欲しいシルフィードは攻撃に枚数をかけるため、後半33分、DFの#5 千田に替え、FWの#10 石渕を投入します。一方で吉備国大はこのまま逃げ切るために、後半41分・42分と続けて交替カードを切ってきます。

そして、残り時間わずかとなった後半43分、フレッシュな選手が入り勢いが増した吉備国大は、左サイドから仕掛けるとクロスボールを上げ、ゴール前で#10が頭で合わせて追加点。合計0-4と突き放されます。

シルフィードは厳しい状況に立たされましたが、最後まで1点を取りに行くために全ての力を振り絞り、終了間際にも決定機を作りだしますが、2部で戦ってきた相手のプライドの一歩でシュートをブロックされ、得点を奪うことが出来ず試合終了。

2試合の合計で0-4となり、2部昇格は叶いませんでした。

決定機を決めきるところと、守備での最後の一歩が出せるところ、パス1本の精度の高さ等、たくさんの点において2部との力の差を感じさせられた入替戦となりました。

2部昇格とはならず、『チャレンジリーグ残留』という結果で2016シーズンは終了となり、2017シーズンはまた新たなメンバーで再び2部昇格を目指し、チャレンジリーグを0から戦います。

今年、シルフィードがここまで戦ってくることが出来たのは、皆様のご理解とご協力のお陰です。心から御礼申し上げます。

今シーズン入替戦まで来ることが出来たことへの自信と、入替戦で勝ちきることが出来なかった悔しさを胸に、個の課題としっかりと向き合い、来シーズンをいい形で迎えられるよう準備していきたいと思います。

1年間、たくさんの温かいご声援、本当にありがとうございました。来シーズンも、大和シルフィードをどうぞよろしくお願い致します。

※来シーズンは、チャレンジリーグへの参入戦を勝ちあがった『FC十文字 VENTUS』が、「JAPANサッカーカレッジレディース」と入れ替わり、新たにチャレンジリーグへ加わることになりました。また、2部10位となった『アンジュヴィオレ広島』が、チャレンジリーグ優勝の「オルカ鴨川FC」と自動入替えとなり、同じくチャレンジリーグへ加わります。

2017シーズンなでしこリーグは、1部と2部でも入れ替わりはありますが、2016シーズンと変わらず、1部:10チーム、2部:10チーム、チャレンジ:12チームの加盟となり、チャレンジは東西に分かれてのリーグ戦となります。

2017シーズンの東西分けや、リーグ戦の日程等の詳細が決まりましたら、またこのページにてご報告させて頂きますので、よろしくお願い致します。

ニュース画像1
ニュース画像2

2016.11.14

ホームでの入替戦敗戦。

11月13日 (日) 13:00  大和なでしこスタジアムにて

入替戦 VS FC吉備国際大学charm(シャルム) (岡山県) が行われ、0-2で敗戦となりました。

大和で行われる最後のホーム戦という事で、来場者数2,000人を目標にチラシ配り等で呼びかけを行ってきました。当日は天候にも恵まれ、会場には1,736人もの方々が集まってくださり、大和なでしこスタジアムの来場者数過去最高記録となりました。

対戦した吉備国大は、もともとは1部リーグに属しており、一昨年から2部リーグでプレーしています。FWには得点ランキングにも入っているストライカーがいるほか、国際大学ということもあり、MFにはゲームコントロールの出来るメキシコ人選手、DFには180㎝超のアメリカ人選手など個々の能力がとても高いチームです。

試合は吉備国大のキックオフで始まり、開始早々からロングボールで攻め込まれます。それに対してシルフィードは相手がどう攻めてくるか様子を伺いながら、セーフティーに対応します。前掛かりで攻めてくる相手に対し裏へのカウンター攻撃を仕掛けますが、180㎝のDFの壁を越えられずなかなかチャンスを作り出せません。吉備国大は、冷静に状況を判断し、確実にゴール前に迫ってきます。シルフィードは、相手の流動的な動きについていけずマークがうまくとれません。

その隙を突かれ、前半16分、右サイドからのスルーパスに中盤の選手が反応しキーパーとの1対1を確実に決められ失点。

シルフィードはまず一点を返すために、果敢に相手ゴールに迫りCKを獲得します。得点が生まれそうな場面が何度かありましたが、相手GKのファインセーブにより得点は動かないまま前半を0-1で折り返します。

交替はなくポジションチェンジのみを行い、攻撃的な布陣で後半に挑みます。

得点が欲しいシルフィードですが、マイボールにしても自分たちのミスですぐにボールを失ってしまい、シュートまでいくことができません。悪い形でボールを失うため、守備が整わないうちにカウンターをうけ相手にCKを与えてしまいます。

後半10分、左CKからゴール前で混戦になり、こぼれ球を拾われ再度ゴール前に上げられたクロスにヘディングで合わされ再び失点。

流れを変えたいシルフィードは、後半17分、センター勤務の#9内藤に替わり、同じくセンター勤務の#22菅を投入。

サイド攻撃で相手陣地まで侵入するも、ゴール前までボールが運べません。後半もCKを獲得しますが、あと少しの所で得点には至らず...。前線でボールを納めたいシルフィードは、後半31分、#20 三堀に替え#10 石渕を投入。残り時間が少なくなり、1点でもホームで取り返しておきたいという気持ちから、前線からのプレッシャーをかけ相手陣地でプレーする時間が増えます。

後半42分、GK #21小林に替え、今季で引退する GK #1 小野寺を投入。スタジアムは歓声に包まれます。

試合終了間際には最後の力を振り絞り、#19 堀が真ん中でボールを受けミドルシュートを放つも、惜しくもバーの上。

得点を奪うことが出来ず試合終了。

ホーム最終戦は敗戦となってしまいましたが、会場は満席となり、カイテックからもたくさんの方に応援に来ていただき、最高の舞台でプレーすることが出来ました。

次節は、

11月19日 (土)13:00

岡山県津山陸上競技場 にて

入替戦 VS FC吉備国際大学charm(シャルム) (岡山県) が行われます。

ホームで0-2での敗戦となったため昇格するための条件が厳しくなり、シルフィードはアウェイの地で2点差をつけての勝利が最低条件となりました。

アウェイでの試合ですが、今季最終戦となりますので良い結果で締めくくれるように頑張ります。

最後まで熱い応援をよろしくお願いします<(`^´)>!!

ニュース画像1
ニュース画像2

2016.11.04

入替戦の日程について

いつも応援していただきありがとうございます。

今季大和シルフィードは、女子トップリーグ3部にあたるチャレンジリーグにてリーグ戦を戦ってきました。

チャレンジリーグは東西に分かれており、シルフィードはEASTに属していましたが、EASTで2位となり、東西合わせたチャレンジリーグの最終順位を決めるプレーオフに出場することができました。

東と西のそれぞれ上位2チームの計4チーム、各チーム1回の総当たり戦で行われたプレーオフは1勝1分1敗でしたが、今季チャレンジリーグ総合2位という結果となりました。

優勝チームは2部へ自動昇格となり、2位になったシルフィードは、2部リーグ9位で終えた吉備国際大学Charm(シャルム)(岡山県)との入替戦の切符を手にすることができました。

その2部昇格を懸けた入替戦の日程が決まりましたので、お知らせ致します。

入替戦は、ホーム&アウェイ方式(全2試合)であり、チャレンジリーグ所属チームのホーム戦が先に行われます。

今季最後のホーム戦は、

11月13日(日) 13:00

大和なでしこスタジアム(大和スポーツセンター)

VS FC吉備国際大学Charm(シャルム)(岡山県) です。

今季を締めくくる最終戦は、昇格を懸けた最終決定戦であり、アウェイとなるため岡山県の津山市で行われますが、一人でも多くの方に会場へ足を運んでいただき、お力を貸していただきたく思っています。

営業所の方にも、ぜひ一度会場へお越しいただけたら幸いです。宜しくお願い致します。

また、13日のホーム戦では来場者数2000人を目標にしているため、現在は練習前後に自分たちでチラシ配りをして呼びかけを行いながら、日々トレーニングに励んでいるところです。

一人でも多くの方に、スタンドからの声援でお力を貸していただけたらと思います。

昨年は手の届かなかった昇格があと一歩のところまで来ています。

このチャンスを絶対に掴みとり、昇格を決めたいと思います。

ぜひ、応援をよろしくお願いします\(゜ロ\)(/ロ゜)/


資料請求・お問い合わせ

お問い合わせは、お電話、または、お問い合わせフォームにて承っております。

メニュー
pagetop

Copyright (C)KYODO KY-TEC Corp. All Rights Reserved.