洪水無用Q&A

製品の特長を教えて下さい。

スクエアターフ「洪水無用」は『雨水流出抑制施設』と『屋上緑化システム』を組み合わせた「雨水有効利用型環境対策商品」です。

どの様な構成になっていますか?

屋上緑化の育成コンテナと②植物等の生育水(雨水)を貯える貯水槽及び③集中豪雨等の雨水を一時貯留する槽と三層で構成されています。

雨水流出抑制施設としてのスクエアターフ「洪水無用」のメリットを教えてください。

当社の製品には「屋上緑化システム」も含まれますので、浸水対策以外にも、ヒートアイランド現象の緩和や屋上表面の保温・断熱効果等の様々なメリットがあります。

重量はどれ位になりますか?

満水時で195㎏/m2となります。

「雨水貯留施設」としての能力は?

1m2あたり60Lの一時貯留が可能です。1haあたりだと600m3の一時貯留となります。排水は24h以内に動力なしで自然排水されます。

雨水はどの様に排水されるのですか?(※オリフィスについて)

雨水一時貯留構に溜まった雨水は吸水と吸出しを行う特殊な不織布により動力なしで自然排水されます。(※排水する小口径の穴)

最下層の雨水貯留槽は芝生等の生育水になっているのですか?

なっていません。芝生等の生育水は2層目の貯水槽に溜まった水を利用します。

雨水はどのように一番下の貯留槽に溜まるのですか?

断面図をご覧下さい。降ってきた雨水は吸水棒を通って2層目に溜まります。
2層目が満水になると、3段目(最下構)の所に穴があり3層目に雨水が溜まる仕組となっています。

灌水システムは必要ですか?

この緑化システムは芝生の生育に必要な雨水を15日分程度貯水層に貯えることができます。植栽の枯れが心配の場合は、自動かん水コントローラをオプションで装備もできます。

植栽は芝生だけですか?

芝生以外の植物でも可能です。荷重の制限がなければ、低木も土を盛ることにより可能となります。また、雨水貯留施設として、植栽をしなくても、砂利などを敷設することも可能です。

植物のメンテナンスは必要ですか?

通常の植栽と同じメンテナンス項目が必要です。また、ご利用方法により無管理にて芝生などを草地にすることも可能ですが、防災上の点を考慮すると、1年に1回の芝刈りが望ましいと言えます。

「洪水無用」の上は歩けますか?

歩けます。全く問題ございません。

施工期間の目安を教えて下さい。

人工地盤上に設置するだけで完了しますので、100m2程度は3日間位と考えて下さい。

屋上でなくても外構部に設置できますか?

設置できます。ただし、コンテナの下は土などではなく、捨てコンクリート※などが必要になります。
※正確に墨出する目的と型枠を固定する事を目的に施されるコンクリートの事。

屋上緑化・壁面緑化についてのお問い合わせ

お問い合わせは、お電話、または、お問い合わせフォームにて承っております。

屋上緑化・壁面緑化についてのお問い合わせ

お問い合わせは、お電話、または、お問い合わせフォームにて承っております。

屋上緑化・壁面緑化メニュー
pagetop

Copyright (C)KYODO KY-TEC Corp. All Rights Reserved.