スクエアターフLight(折板屋根用)

かん水パイプ付
折板屋根用緑化システム

スクエアターフLight(折板屋根用)

折板屋根が環境に優しく生まれ変わる屋上緑化システムです。

製品概要

工場などの折板屋根が、環境に優しく生まれ変わる屋上緑化システムです!

かん水パイプ付折板屋根用緑化システム

多くのお客さまのニーズから、スクエアターフLightの折板屋根専用屋上緑化システムが生まれました。
様々な屋根形状にも対応する為、受座チャンネルで下地をつくり、土壌コンテナを折板屋根にしっかり固定します。
折板屋根緑化したあとは、高い断熱効果を生みますので、屋根材の日射による膨張・収縮をおさえます。
また、雨が直接折板屋根にあたりませんから、吸音効果もある屋上緑化システムです。

構成

製品名折板屋根緑化システム スクエアターフLight
構成コウライ芝+土壌コンテナ+貯水トレー+かん水パイプ+受座チャンネル

仕様

サイズ土壌コンテナ:500W×500L×65H (単位:mm)
貯水トレー:1000W×1000L×15H (単位:mm)
重量施工時:29kg/m2(受座チャンネル含む)
満水時:54kg/m2(受座チャンネル含む)
構造踏圧防止構造
根腐防止構造
敷設面固定構造
土壌落下防止構造

主な特長

断面構造

断面構造

工場立地法の緑地について

工場の緑地の定義では、建築物の屋上緑化部分もその敷地内の緑地に加えられます。

緑地【工場立地法運用例規集より抜粋】

第四章 緑地
第一節 緑地の定義
(緑地の定義)
1-4-1-1
緑地とは、規則第3条に規定する区画された土地又は建築物屋上等緑化施設をいう。この場合樹木の生育する土地については、当該土地又は建築物屋上等緑化施設(その一部に緑地以外の環境施設が含まれているときは、当該環境施設の部分以外の土地又は建築物屋上等緑化施設)の全体について平均的に植栽されている必要があり、また、緑地の植栽工事の完了期限は19原則として届出に係る生産施設の運転開始時までとする。

施工手順

折板屋根は、受座チャンネルで緑化システムをしっかり固定!

折板屋根専用の受座チャンネルを設置したのち、貯水トレー、土壌コンテナを専用ビスでしっかりと固定し、芝生を敷き詰めます。

施工手順

動画で見る!屋上緑化施工手順

構成部材

構成部材

※標準サイズ

屋上緑化・壁面緑化についてのお問い合わせ

お問い合わせは、お電話、または、お問い合わせフォームにて承っております。

屋上緑化・壁面緑化についてのお問い合わせ

お問い合わせは、お電話、または、お問い合わせフォームにて承っております。

屋上緑化・壁面緑化メニュー
pagetop

Copyright (C)KYODO KY-TEC Corp. All Rights Reserved.