カイテックの壁面緑化の特長

共同カイテックの壁面緑化

壁面緑化の特長共同カイテックでは、ユニット型・プランター型・登はん型の壁面緑化用商品を取り揃えています。
デザイン性やコスト、メンテナンス面など、ご要望に合わせた商品をご案内しますので、導入をご検討の方は、お気軽にお問い合わせください。

特長

壁面緑化の効果

壁面緑化には、次のような効果を期待することができます。

  1. 都市化が進む現在における、ヒートアイランド現象の緩和
  2. 空調負担軽減による、省エネ効果
  3. CO2削減効果
  4. 建築物の保護効果
  5. 良好な景観づくり、癒しの効果
  6. 大気汚染の浄化効果
  7. 都市の生態系保全効果
  8. 騒音の軽減効果

共同カイテックの商品

ユニット型(パラビエンタ)

ユニット型(パラビエンタ)薄型の枠に緑化ユニットをはめ込む形でつくる壁面緑化システムです。
軽量でコストも低く、壁面温度の抑制効果があります。緑化ユニットを自由に移動・交換することができるので、デザイン性が高く、多様な植栽が可能です。詳細はこちら

プランター型(四季の壁)

ユニット型(パラビエンタ) 壁面にプランターを置くタイプの壁面緑化システムです。共同カイテックでは、日本の庭木類の中で最も多く植えられているサツキツツジを植栽として使用しています。 専用の自動かん水装置によって、植栽の維持・管理を簡単に行うことができる点が特長です。詳細はこちら

登はん型(のぼるtoみどりパネル)

登はん型(のぼるtoみどりパネル) 付着型つる植物を用いたパネル式の壁面緑化システムです。樹種は、常緑のヘデラ類を主体とすることで剪定管理を省力化することができます。1基あたりの重量が軽く、壁への負担が最小限に抑えられるため、既存の構造物にも取り付け可能です。詳細はこちら

登はん型(のぼるtoみどりワイヤー)

登はん型(のぼるtoみどりワイヤー) つる植物を用いたワイヤー式の壁面緑化です。テンション調整材がワイヤーの伸びを自動吸収するので、安全性も向上します。木本類のつる植物を利用することで、緑地面積として算入できます。詳細はこちら

屋上緑化・壁面緑化についてのお問い合わせ

お問い合わせは、お電話、または、お問い合わせフォームにて承っております。

屋上緑化・壁面緑化についてのお問い合わせ

お問い合わせは、お電話、または、お問い合わせフォームにて承っております。

屋上緑化・壁面緑化メニュー
pagetop

Copyright (C)KYODO KY-TEC Corp. All Rights Reserved.