雨水流出抑制屋上緑化施設(スクエアターフ洪水無用)

屋上の大雨対策スクエアターフの雨水流出抑制施設

スクエアターフ洪水無用

都心部でゲリラ豪雨が多発する近年、雨水の流出を抑制する洪水対策用環境整備システムです。

製品概要

屋上の大雨対策・スクエアターフ洪水無用

2つの義務に同時に応えるスクエアターフ洪水無用

都市部のヒートアイランド現象を緩和する為に、2001年から義務付けられた東京都の自然保護条例の後押しもあり、早いペースで屋上緑化は進んでおり、その動きは各自治体にも広まっています。
また、その一方、最近豪雨による都市災害が注目され、以前は地下にしみ込んでいた雨水が、急激に河川や下水に流れ込み、大きな被害を出しています。その対策として自治体では、雨水流出抑制施設を整備する必要が生じてきました。
そこで2つの義務に同時に応えるために生まれたのが、「スクエアターフ洪水無用」です。

図

製品構造

スクエアターフ洪水無用

スクエアターフ洪水無用は、雨水流出抑制施設と屋上緑化施設を組み合わせた環境機能製品です。このシステムは、雨水流出抑制対策量と緑地面積の確保やヒートアイランド現象の緩和に特化した三層構造の設計となっており、全貯水・保水能力は 151ℓ/m2、その内雨水一時貯留能力は60ℓ/m2あり各自治体で指導している雨水流出抑制対策量を十分満足できる構造になっています。
一般的に、雨水貯留・浸透機能の初期能力を持続する為には維持管理が必要となります。特に「目詰まりによる浸透能力の低下」の維持管理が一番重要であり手間やコストが大きくかかってしまいます。一方、「スクエアターフ洪水無用」による排水構造は、動力なしの自然排水が可能ですから、コスト削減・維持管理に寄与できます。
詳細については、お気軽にお問い合わせください。

構成

製品名スクエアターフ洪水無用
構成コウライ芝+土壌コンテナ+貯水槽+一時貯留槽

サイズ

土壌コンテナ407w×407L×60H高さ145H
重ねしろ5mm含む
(単位:mm)
組合せ高さ230H
重ねしろ10mm含む
(単位:mm)
貯水槽407w×407L×90H
一時貯留槽407w×407L×90H高さ90H(単位:mm)

重量・構造・性能

重量施工時:44kg/m2
満水時:195kg/m2
構造踏圧防止構造
根腐防止構造
コンテナずれ防止構造
雨水一時貯留構造(自然排水方式)
性能耐負圧力:10,000N/m2まで対応可能

主な特長

うれしいポイント!

二つの法規制を同時にクリア
雨水流出抑制対策量と緑地面積の法規制を同時にクリアすることができます。
緑地面積の確保
場所は問わず、人工地盤上にシステムを置いて、芝生や地被類、低・中木も植えることができますので、緑地面積の確保が容易です。
導入コストの大幅低減
掘削工事、ポンプ圧送工事、遮水工事などの大規模工事が不要です。導入コストの大幅低減が期待できます。
動力なしの自然排水
一時貯留槽に溜まった雨水は、24時間以内に自然排水できるよう設計されているため、常に雨水を溜められる状態となっています。
工期短縮
人工地盤上に設置するだけで完了しますので、100m2程度であれば3日で十分施工可能です。切盛土工事、コンクリート工事、防水工事などが不要ですから、大幅な工期短縮が期待できます。
メンテナンスの低減
ポンプ動力不要、汚泥の清掃不要、雨水流出抑制機能の維持管理不要など、管理費に関わるランニングコストが大きく削減できます。
屋上緑化効果
緑化によるヒートアイランド現象の緩和と保温・断熱効果が期待できます。
信頼の実績
この商品は、官庁他に数多く実績がある当社屋上緑化システム、「スクエアターフRain96」 (公共建築協会認定品)の高品質・高性能を受け継ぎ、さらに雨水流出抑制機能を付加えた製品です。

断面構造

断面構造

断面構造

設置例

上の図のように、雨が降ると、芝生から土を通して、雨水が貯まります。一時貯留した雨水は、約20時間(満水時)という、ゆっくりな速度で自然排水する仕組みになっています。ここが共同カイテックならではの雨水流出抑制機能です。
晴れると貯水槽に貯まった雨水が、給水棒から吸い上げられ、土に行き渡り蒸発します。
排水には動力を使いませんので、 導入コストの削減につながります。

屋上緑化・壁面緑化についてのお問い合わせ

お問い合わせは、お電話、または、お問い合わせフォームにて承っております。

屋上緑化・壁面緑化についてのお問い合わせ

お問い合わせは、お電話、または、お問い合わせフォームにて承っております。

屋上緑化・壁面緑化メニュー
pagetop

Copyright (C)KYODO KY-TEC Corp. All Rights Reserved.