SV-F型ブラックバス

サーバ給電用
バスダクト

SV-F型ブラックバス

サーバラックの給電に特化したバスダクトです。サーバルームの拡張に合わせて、フレキシブルに対応します。

製品概要

サーバ給電用に設計されたプラグインバスダクト

SV-F型ブラックバス 共同カイテックのサーバ給電用バスダクト"Black Bus(ブラックバス)"は、従来のカイテックのサーバ給電方式と比べ、施工がシンプルであり、サーバルームの拡張に合わせてフレキシブルに対応可能な配電方法です。
今までの給電システムではできなかった、よりスマートなデータセンターを実現します。

適用規格JIS C 8364 IEC 60439-1 IEC 60439-2
保護等級IP 3X
線数3・4
電圧600V
電流200A・300A・400A・600A
屋内・外屋内
導体銅・アルミ(600Aのみ)
機能プラグイン
構造密閉

主な特長

1.無停電でサーバの増設が可能

24時間365日稼働し続けるデータセンター。もちろん、サーバを移設・増設する際にも電源を止めるわけにはいきません。
このような状況にも対応できるように、BlackBusは無停電で分岐ボックスを着脱できる機構になっています。

2.安心・安全な分岐ボックスの接続機構

プラグインカバーインターロック機構

分岐ボックスを接続する時にだけ、プラグインホールが開閉するインターロック機構を採用しています。
分岐ボックスを接続する過程で、アースが自動的に接続できる機構になっているため、安全に接続作業を行うことができます。

誤接続防止機構

プラグインホールには、誤接続防止機構を採用しており、分岐ボックスを誤った向きで接続することはありません。

3.プラグインホール

サーバラックごとに分岐ボックスを設置することができるため、1対1のサーバラック配線の見える化が実現できます。
BlackBus自身が分電盤としての機能を有しているため、従来の分電盤設置スペースを必要とせず、サーバルーム内のスペースを更に有効活用できます。

4.分岐ボックス

サーバラックへどのように給電するか、お客様のご要望は様々です。当社では、1台の分岐ボックスから複数回路の複数台入りの分岐ボックスをはじめ、内臓ブレーカのご指定や電力監視の組み込みなど、多彩なオプションに対応した製品を提供しております。

5.PFジョイントクリップ(200A~400A)

BlackBusの導体接続には、PFジョイントクリップを採用しています。接続部にPFジョイントクリップを挿入し、ジョイントピンを1/4回転させて引き抜くだけで、導体の接続が完了します。
全てのジョイントピンが引き抜かれた後でないと、接続カバーが取付できない機構になっています。

6.ウィスカフリー

BlackBusには、導体にニッケルめっき、ケースにカラー鋼板(ブラック)を採用したウィスカフリー製品です。

7.E-BD型絶縁バスダクト

複数形等のBlackBusの負荷をまとめて給電する幹線として使用するバスダクトです。最大6000Aまで供給することができます。

8.ソリューション

温度監視、温湿度監視により、サーバルーム・サーバラック内の常態を監視。電力監視により、サーバの常態を監視します。

バスダクトについてのお問い合わせ

お問い合わせは、お電話、または、お問い合わせフォームにて承っております。

バスダクトについてのお問い合わせ

お問い合わせは、お電話、または、お問い合わせフォームにて承っております。

バスダクトメニュー
pagetop

Copyright (C)KYODO KY-TEC Corp. All Rights Reserved.