SS-T型シャフトスター

省スペース・経済性
軽量化・省力化

SS-T型シャフトスター

テナントビルやマンションなどにぴったりの、縦幹線用に開発された、低圧幹線システム(三相600A~1200A)です。

製品概要

縦幹線専用に開発された低圧幹線システム

E-BD型絶縁バスダクト テナントビル・マンションなど中規模なビルの縦幹線専用に開発された、新しいコンセプトの低圧幹線システムです。接続部から分岐がとれるアルミニウム製の幹線で、従来からの分岐ケーブルとバスダクトの特長を併せ持つ優れものです。 接続部から分岐がとれます。

適用規格JIS C 8364
保護等級IP 3X(屋内仕様)
線数3
電圧600V
電流三相600A~1200A(単相800A~1500A)
屋内・外屋内
導体アルミ
機能フィーダ・プラグイン(タップオフ)
構造密閉

主な特長

1.経済性

漏えい電磁波 独自の製法でコストダウンに成功しました。CV-F(フラットケーブル)の半分です。

2.漏えい電磁波

漏えい電磁波 情報配線に誘導障害を与える心配がありません。 CV-F(フラットケーブル)の1/5です。

3.軽量化

軽量化 スリムで軽いので、施工しやすく、工事費が安くなります。 CV-F(フラットケーブル)の50%、1000A比較です。

4.スペース

一般のバスダクト布設と比べて布設面積が50%です。

5.工程に合わせた施工性

軽量化 バスダクトは、プレハブ施工ができ、工程にあわせた施工が可能です。縦幹線であれば、建築工程にあわせた各階施工が、横引き幹線であればエリアごとの施工ができるので、作業の分散となります。

バスダクトについてのお問い合わせ

お問い合わせは、お電話、または、お問い合わせフォームにて承っております。

バスダクトについてのお問い合わせ

お問い合わせは、お電話、または、お問い合わせフォームにて承っております。

バスダクトメニュー
pagetop

Copyright (C)KYODO KY-TEC Corp. All Rights Reserved.